おのののかの組んだ足にドキッ!原沙知絵らとガールズトーク『女ともだち』第3話

おのののかの組んだ足にドキッ!原沙知絵らとガールズトーク『女ともだち』第3話

おのののか、磯山さやか、原沙知絵

おのののかが、原沙知絵主演の真夜中ドラマ『女ともだち』(BSテレ東、毎週土曜24:00〜)の第3話(4月25日放送)に出演。おの演じる波子は、ダイニングバー・アミーゴスのカウンター席で「最近嫌な夢を見てよく眠れない」と……。

原作は、1983年に連載された柴門ふみの同名コミック。原作で描かれたのは、恋愛、結婚、不倫などに直面し、揺れ動く女性の心理や葛藤で、主人公のモノローグを多用した“告白的恋愛白書”は、当時多くの女性たちの支持を集めた。今回のドラマ化では、時代設定を令和にアレンジ。現代を舞台に、恋愛における普遍的な女心を描き出す。原はバツイチのシューズデザイナー・乾セツ、磯山さやかはセツの親友・小野沢ちさと、袴田吉彦はセツの不倫相手となる平井保、竹財輝之助はちさとの夫で浮気を繰り返すミツルを演じる。

<第3話あらすじ>
それぞれの悩みを抱えたまま今日もダイニングバー・アミーゴスに集うセツ(原)とちさと(磯山)。カウンターには綺麗な女、波子(おの)が座っていて、シェフの登良松(八十田勇一)が張り切って料理を並べていた。

最近嫌な夢を見てよく眠れないと言う波子は、昔、医者の卵に人生最悪の振られ方をしたと言う。ついつい波子の話に聞き耳を立てていたセツとちさとは、波子の食べきれない料理をシェアしながら話を聞くことになったのだが……。

関連記事(外部サイト)