千鳥・大悟とアンタッチャブル柴田が“志村けん”の冠番組MCに就任「マジメな顔してパンティーはいて臨みます」

千鳥・大悟とアンタッチャブル柴田が“志村けん”の冠番組MCに就任「マジメな顔してパンティーはいて臨みます」

左から、千鳥の大悟とアンタッチャブルの柴田英嗣

千鳥の大悟とアンタッチャブルの柴田英嗣がMCを務める志村けんさんの冠番組『志村友達』(フジテレビ、毎週火曜24:55〜※関東ローカル)が、4月28日からスタートする。フジテレビの深夜帯の志村さんの冠番組としては18作品目。初回はゲストとして、ダチョウ倶楽部の肥後克広と上島竜兵が出演する。

この番組は、もともと『志村でナイト』の後続番組として、志村さんと豪華ゲストとのトークを中心とした内容で4月からスタートする予定だったが、3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で志村さんが亡くなり、収録は中止に。

これまで一度も収録が行われることはなかったが、今回、番組タイトルはそのままに、新たな志村さんの冠番組として再スタート。番組では、1996年に放送が始まった『志村X』から『志村でナイト』まで、1000を超える放送回の中から、これまで志村さんと一緒に“志村流コント”を作り上げてきた制作スタッフが珠玉のコントをセレクト。MCとゲストは、その映像を見ながら、トークを繰り広げ、志村さんに思いを馳せていく。

『志村でナイト』への出演に引き続き、『志村友達』でもレギュラー出演が決まっていた大悟と柴田は、新たな番組内容を理解した上で、改めて出演を快諾。MCとして志村さんの冠番組を盛り上げていく。

現在の思いを聞かれた大悟は「志村さんの番組なので、志村さんに怒られない様にマジメな顔してパンティーはいて収録に臨みます」と意気込み、柴田は「MCと言うよりも、志村けんさんのすごさ、面白さ、コントの楽しさを、一視聴者として皆さんと一緒に楽しみたいと思います。今から収録が楽しみでしょうがないですね!」と声を弾ませた。

続けて柴田は「子供の頃から笑って育った数々の珠玉のコントを、皆で懐かしみ、そして改めて笑い倒しませんか? きっとそんな番組になるでしょう! 変な柴田と、変な大悟もよろしくお願いします!」とアピール。大悟は「何も考えず笑って見て頂けたらと思います」とメッセージを伝えた。

関連記事(外部サイト)