「鼻毛」に「肥満」…日本に存在するウソのような“レア名字”を一挙紹介『日本人のおなまえっ!』

「鼻毛」に「肥満」…日本に存在するウソのような“レア名字”を一挙紹介『日本人のおなまえっ!』

銀シャリ

古舘伊知郎が「名前」にまつわる驚きの物語を紹介していく番組『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』(NHK総合、毎週木曜19:57〜)。5月14日は、「おなまえ検定!レア名字SP」と題して放送。レギュラーの澤部佑(ハライチ)、宮崎美子、森岡浩に加え、ゲストとして、斎藤司(トレンディエンジェル)、銀シャリ、光浦靖子、蛭子能収が出演する。

「鼻毛」「肥満」「菓子」「鬼」など、日本にはウソのような“レア名字”が実在。そこで、そんなレア名字の数々を難易度別クイズ「おなまえ検定」として一挙大公開する。

とんち系レア名字「月見里」や日付のような名字「四月一日」が登場。また、お仕事由来のレア名字「菊」は、花屋ではなく別の業種で使われているそうで……。

歴史スターが与えたレア名字にも注目。徳川家康は「小粥」、豊臣秀吉は「鬼」、高杉晋作は「無敵」と命名したものとは? また、多くのレア名字の生みの親、源頼朝は名字を与えて生き延びたというエピソードも紹介する。さらに、超難読「毒島」は“最強の癒やし系ネーム”という事実も明らかになる。

関連記事(外部サイト)