A.B.C-Z塚田僚一、パンツ一枚で肉体美を解説!?『ダウンタウンDX』

A.B.C-Z塚田僚一、パンツ一枚で肉体美を解説!?『ダウンタウンDX』

ダウンタウン(松本人志、浜田雅功)

5月14日に放送される『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜22:00〜)は、36日ぶりの再会トーク&打ち合わせでこんなの撮れちゃいました傑作選。

新型コロナウイルスの感染拡大のため自宅での自粛生活を送るダウンタウン(浜田雅功、松本人志)が36日ぶりに再会し、久々のスタジオトークを披露。近況を報告し合う。 スタジオセットでは、2人の間にもモニターを挟んで2mほどの「社会的距離」が確保され、浜田には遠隔ツッコミ用に持ち手を長くした特製の「ピコピコハンマー」が用意された。そして、2人が気にしていたという「声の調子」についてのトークからスタート。さらに浜田は、「どうやって筋トレしてたん?」と松本の筋トレ事情を追及。なんと自宅にジムが……!? 松本の「おうち時間」とは?

続いて、番組の名物コーナー「打ち合わせでこんなの撮れちゃいました」では、有名人が打ち合わせの時に垣間見せた本人も自覚していない「口癖」や「仕草」を発見して報告。今回はその傑作選として、これまで紹介した約270人の中から、特にクセの強かった人を紹介していく。

松本も「DAIGOの口癖は記憶に残っている」と話すほど印象的なのが、DAIGOの相槌「そうっすね〜」。打ち合わせ中、DAIGOの発言は「そうっすね〜」といった相槌から始まる。心理アナリストの亜門虹彦は「『そうっすね〜』は、“私は賛成ですよ”のアピール。ここからDAIGOは意外と世渡り上手だと分かる」と診断した。

そして、5月1日に娘・高橋真麻が出産したことにより“おじいちゃん”となった高橋英樹。打合せでは独特の口癖「世界」が発覚。「勝新太郎、若山富三郎、小林旭でしょうな。僕の世界では」「〇〇といった世界ですから」と「世界」を連呼する。高橋が繰り返すことから、マネージャーにも「世界」という口癖がうつってしまったことも明らかに。

そのほかにも、梅沢富美男の「〜のさ」、出川哲朗の「リアル」、浜田が「これはホンマひどい!」と驚きの赤井英和の口癖なども登場する。

また、「打ち合わせでこんなの撮れちゃいました」まさかの仕草編では、土屋太鳳の意外なクセが発覚。「しゃべりながらクルクル手を回す」仕草を見たダウンタウンは、「コレ(今見ると)すごい映像だよ!」と盛り上がる。

ジャニーズの肉体派、A.B.C-Zの塚田僚一は打ち合わせ中、自身の肉体美を解説するため、頼んでいないのになぜか裸に……。解説に熱が入るほど脱いでいき、最後にはパンツ一枚になっていた。

そのほか、辻希美、小泉孝太郎、宮川大輔、月亭方正、さらには、番組スタッフが発見したダウンタウンの新しいクセから、亜門が深層心理を診断する。

関連記事(外部サイト)