霜降り明星、ぺこぱ、宮下草薙ら人気芸人出演の『ENGEIグランドスラム』が番組初の昼・夜2部構成

霜降り明星、ぺこぱ、宮下草薙ら人気芸人出演の『ENGEIグランドスラム』が番組初の昼・夜2部構成

左から、矢部浩之、岡村隆史、松岡茉優

ナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之)と松岡茉優がMCを務める笑いの祭典『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ系)が、5月23日(土)に放送決定。今回は番組初となる昼・夜の2部構成で、16時30分からは『ENGEIグランドスラム マチネ』(※関東ローカル)、21時からは『ENGEIグランドスラム リモート』がオンエアされる。

漫才、コント、ピン芸など、ジャンルの垣根を越えて笑いを届ける“日本一豪華なネタ番組”に、今回も様々な芸人たちが登場。昼の部の『マチネ』には、かが屋、さらば青春の光(初登場)、すゑひろがりず(初登場)、ダイアン、宮下草薙、プラス・マイナス、まんじゅう大帝国、四千頭身ら、これからの活躍が期待されている芸人たちが集結し、勢いのあるフレッシュな笑いを繰り広げる。

そして、本番とも言える夜の部の『リモート』には、アインシュタイン、アンジャッシュ、EXIT、霜降り明星、ジャルジャル、陣内智則、チョコレートプラネット、東京03、ナイツ、野田クリスタル(初登場)、NON STYLE、バイきんぐ、爆笑問題、ハナコ、ぺこぱ(初登場)、ゆりやんレトリィバァ、ロッチ、ロバート、和牛らが登場。若手からベテランまで、国民の誰もが「面白い」と認める一流芸人たちが番組を盛り上げる。

また、豪華な顔ぶれによる笑いを際立たせるのは、なんといっても演芸場を模した2階建てのセット。番組の代名詞とも言えるライブ感を創出する劇場風のセットはそのままに、今回は“3密”を避けるため、約50人の一般の観客が1人ひとり自宅からウェブカメラを通してネタを楽しむ“リモート観覧”が行われる。

観客の様子はステージに設置されたビジョンに投映。50人の観客の反応も見どころの一つとなっている。またMCのナインティナインと松岡も、芸人たちがネタを披露するセットとは別の空間から番組を進行。ステージと中継を結び、リモートでネタを見守る。

さらに、前回の放送で大好評だった特別企画「ENGEIクイズ」も実施される。放送中の画面に表示されるQRコードを読み取るか、もしくは番組の公式サイト経由で参加し、放送中に5回あるクイズを1問正解する毎に応募が可能。抽選で合計100名に1万円分のQUOカードがプレゼントされる。

関連記事(外部サイト)