古川毅演じる光太郎がギフテッド開眼!頂上決戦の勝敗は…『FAKE MOTION -卓球の王将-』最終話

古川毅演じる光太郎がギフテッド開眼!頂上決戦の勝敗は…『FAKE MOTION -卓球の王将-』最終話

古川毅

佐野勇斗や北村匠海らが所属する恵比寿学園男子部(EBiDAN)出演の連続ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』(日本テレビ、毎週水曜24:59〜※関東ローカル)の最終話(第8話)が、5月27日に放送される。

本作は、空前の卓球ブームが訪れ、卓球戦国時代と化した東京を舞台に、激しいピンポンバトルを繰り広げる高校生たちの“壮絶な戦いと挑戦”、そして“熱い友情と絆”を描くスポーツ青春ドラマ。

キャストは、恵比寿長門学園のメンバーとして、佐野、古川毅、橘柊生、田中洸希、吉澤要人、北村、田中雅功、高田彪我、山中柔太朗、高松アロハ、富本惣昭、薩川大学付属渋谷高校のメンバーとして、草川拓弥、小笠原海、村田祐基、船津稜雅、松尾太陽、福田佑亮、都立八王子南工業高校のメンバーとして、森崎ウィン、板垣瑞生、矢部昌暉、泉大智、ジャン海渡、浅草雷門高校のメンバーとして、加藤諒、池田彪馬、代官山高校のメンバーとして、坂口涼太郎、尾北翼、仲田博喜が出演する。

<最終話(第8話)あらすじ>
薩川との頂上決戦で1勝2敗と後がないエビ高。残すはエース桂光太郎(古川)と高杉律(佐野)の試合。光太郎は新たに開眼したギフテッドを発動し薩川副部長の大久保利一(福田)を追い込むが、そのギフテッドとは?

そして律は薩川のエース西郷吉之助(草川)を前に苦戦。西郷の強烈なギフテッドに律の身体も傷ついていた。

エビ高は自由を取り戻すことができるのか……果たして頂上決戦の勝敗はいかに? ついに自由をかけた高校同士の戦いが完結する。

関連記事(外部サイト)