マツコ、はじめしゃちょーに「つまんない顔になっちゃった」とバッサリ『マツコ会議』

マツコ、はじめしゃちょーに「つまんない顔になっちゃった」とバッサリ『マツコ会議』

上段左からマツコ・デラックス、HIKAKIN 下段左からはじめしゃちょー、デカキン

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00〜)。5月30日の放送では先週に引き続きHIKAKINが登場、さらに、はじめしゃちょーとHIKAKINのそっくりさんとして有名なデカキンも登場する。

KIKAKINが「仲のいい2人を呼んでいる」と紹介したのは、チャンネル登録者数867万人のはじめしゃちょーと、大食い動画やHIKAKINのそっくりさんとして有名なデカキンの2人。登場早々「デカキンさんは(見た目が)中堅女芸人みたい」とマツコに突っ込まれたデカキン。元々は、くりぃむしちゅー・上田晋也を目指していた芸人だったという。デカキンが芸人の夢を諦めるきっかけとなったという、とある事件についてマツコが切り込む。

一方、はじめしゃちょーのことはかなり前から知っていたというマツコ。当時の映像をよくみており、いじめたくなる小動物みたいにかわいいと思っていたが、「(今は)大人になっちゃってお金も手にしたらつまんない顔になっちゃった」とマツコ節が炸裂。現在も静岡で活動しているはじめしゃちょーに、なぜ東京に出てこないのか、その理由を深掘りする。

先週の放送で、自分はYouTubeには向いてないと語ったマツコだったが、HIKAKINは「マツコさんはネットと相性がいい」と断言。そこで3人がマツコの YouTube動画の企画内容をプレゼンすることに。

マツコの体格をいかした企画や、一緒にコラボしてやってみたい動画など、3人それぞれの個性溢れたプロデュース案が飛び出す。マツコが選ぶ、YouTube企画とは!? また、「テレビは怖い」というデカキンの意見を皮切りに、YouTubeとテレビの出役としての違いなど、実は似ているようで似ていない、それぞれの業界における感覚についても真剣に語る。

関連記事(外部サイト)