渡辺謙、大河『独眼竜政宗』撮影の裏舞台を語る!手に汗にぎる名場面も公開

渡辺謙、大河『独眼竜政宗』撮影の裏舞台を語る!手に汗にぎる名場面も公開

渡辺謙

高橋英樹と川島明(麒麟)がMCを務める『麒麟がくるまでお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル』(NHK総合)が、6月14日(日)20時から放送。この日は、大河ドラマ『独眼竜政宗』を取り上げる。

同番組は、長谷川博己が明智光秀役で主演を務める大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』(NHK総合・毎週日曜20:00〜)が放送休止中、過去に人気を博した“戦国大河ドラマ”の名場面集を公開。同日は松村邦洋と伊達みきお(サンドウィッチマン)がゲスト出演する。

「梵天丸もかくありたい」が流行語にもなった1987年放送の大河ドラマ『独眼竜政宗』。今やハリウッドスターとなった渡辺謙が、奥羽の暴れん坊こと、武将・伊達政宗の生涯を演じたヒット作だ。

父親を自分の鉄砲隊で敵将もろとも撃つ惨劇や、家督争いから母に毒を盛られる不幸な事件、そして勝新太郎さん演じる秀吉との緊迫した対面シーンなど、手に汗にぎる名場面の数々を振り返るとともに、渡辺が撮影の裏舞台を語る。

関連記事(外部サイト)