GACKT、動画ビジネスの狙いを語る!HYDEからの意外な感想とは?『直撃!シンソウ坂上』

GACKT、動画ビジネスの狙いを語る!HYDEからの意外な感想とは?『直撃!シンソウ坂上』

GACKT

6月18日の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系、毎週木曜21:00〜)は、先週に続き、ロックダウン緩和後のマレーシアでのGACKTの生活ぶりに密着した様子が放送される。収録には、GACKT本人もリモートで参加、またスタジオゲストとして、カズレーザー(メイプル超合金)、鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、本仮屋ユイカが出演する。

今週は、GACKTの新ビジネスの全貌に迫っていく。新型コロナウイルスの影響で、世界中で自粛生活が続いている中、「とにかく、この自粛中にいかにスキルアップした自分でスタートできるか」と語るGACKT。そんな彼が今年になって始めた新ビジネスの一つがYouTube。GACKTのオフィシャルYouTubeチャンネル「がくちゃん」では、彼の寝起きドッキリや入浴シーンなど、普段見ることのできないGACKTの素顔が見られるとあって、開始わずか半年でチャンネル登録者数が45万人を突破するなど圧倒的な人気を誇っている。

そして、この自粛期間中に「がくちゃん」は、さらなる進化を遂げていた。まずは、英語だけでなくフランス語、中国語など5か国語をマスターしているGACKTがその特技をいかし、本気で英語の発音を極めたい人に向けた「英語ガク習塾」を開講。なお、GACKTのアーティスト仲間でL'Arc〜en〜Ciel、VAMPSのボーカリスト・HYDEも、この動画を見ており、GACKTは動画を見たHYDEからの意外な感想を披露する。そして、ストイックなトレーニングで知られるGACKTが自らトレーニングを指導する「ガクザップ!」も。さらには、豪華ゲストを招いた「オンライン飲み会」の有料生配信と、進化と拡大を続けるGACKTの動画ビジネス。その背景にある彼の狙いとは一体?

GACKTは5年前にマレーシアでビジネスパートナーと共に、世界の富裕層向けに高級不動産物件を販売する会社を設立した。しかし、新型コロナウイルスの影響で、物件の内覧もままならず、2月頃から売り上げはゼロだという。そんな厳しい状況の中、GACKTは、5月から海外居住者や海外移住希望者に向けた新ビジネスの「オンラインサロン」をスタートさせていた。GACKTは、その目的や狙いについても語り尽くす。

また、GACKTは今年、ソロデビュー20周年を記念した全国ツアーを行っていた。しかし、これも新型コロナウイルスの影響で、2月末に福岡で予定していたツアーファイナルが延期に。リハーサル中に、ダンサーが酸欠でダウンするほどに厳しいGACKTの現場。それは、常にプロとして最高のパフォーマンスをファンに見せるために一切の妥協を許さない彼のストイックな姿勢からくるものだった。そんな高いプロ意識を持つGACKTが、ライブ延期を決断した切実な舞台裏をテレビで初告白する。そして、自粛期間中に廃業に追い込まれるライブハウスが出るなど、苦境に立たされている音楽業界。GACKTは、その音楽業界全体に対して彼らしい誠意のある言葉で偽らざる本音を語る。

関連記事(外部サイト)