アメリカ国防省が公開したUFO映像を徹底分析!『シンソウ坂上』

アメリカ国防省が公開したUFO映像を徹底分析!『シンソウ坂上』

未確認ミステリー映像

7月2日に放送される『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系、毎週木曜21:00〜)は、説明のつかない未確認ミステリー映像の数々を紹介していく。なお、スタジオゲストとして神田愛花、小峠英二(バイきんぐ)が出演する。

同番組は、世間を騒がせた「人・事件」などの“今”を、MCの坂上忍が追跡&直撃し、真相を突き止めていく“ジャーナリズムバラエティ”。

今年5月、アメリカの民間宇宙開発企業「スペースX社」は、ケネディ宇宙センターからの有人宇宙船の打ち上げに見事に成功。アメリカの有人宇宙船打ち上げは実に9年ぶりだった。そして8月には宇宙飛行士・野口聡一氏も「スペースX社」の宇宙船に搭乗予定で、宇宙への関心が高まっている。番組では、飛行機よりも速い謎の高速飛行物体や皆既月食に現れた無数の光、NASAの宇宙カメラがとらえた宇宙空間を飛行する怪しい飛行物体など、さまざまな未確認ミステリー映像を紹介していく。さらに、2004年にメキシコ国防省が公開したUFO映像、2007年にトルコ政府が公開した未確認飛行物体映像など、国家が正式に認めた映像も公開する。

今年4月、アメリカ国防総省が初めてUFOの映像を正式に公開。世界中に大きな衝撃を与えた。日本の防衛省もすぐさま反応し、河野防衛大臣は自衛隊がUFOに遭遇した時に備え、手順を定めるとの方針を示し、さらに今年5月には宇宙空間における日本の人工衛星を守るなどの目的から、自衛隊史上初となる宇宙領域専門部隊「宇宙作戦隊」を発足させた。番組では、アメリカ国防総省が公開した3本のUFO映像を、雑誌「ムー」の三上編集長と共に徹底的に分析していく。

今回、公開されたUFO映像を検証したのは、元国防総省のメンバーやオバマ前大統領の秘書官も所属する民間の航空調査団体「TTSA」(To The Stars Academy of Arts & Science)。「TTSA」の調査結果は、3本のUFO映像内の飛行物体は「地球上の乗り物とは考えにくい」という結論。その結論に至った根拠とは一体? そして、三上編集長が推察する、アメリカ国防総省がこれらの映像を正式に公開した理由とは果たして?

さらに、「あの衝撃ニュース!その後のシンソウ!」のコーナーでは、1990年代後半にカリスマ美容師ブームを巻き起こした國分利治さんに迫っていく。現在、61歳となった國分さんの驚きの暮らしぶりを紹介する。

関連記事(外部サイト)