山本未來、元夫に刺される!?栗山千明が事件の闇に斬り込む『サイレント・ヴォイス』第9話

山本未來、元夫に刺される!?栗山千明が事件の闇に斬り込む『サイレント・ヴォイス』第9話

記事画像

山本未來が、栗山千明主演の金曜8時のドラマ『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻』(テレビ東京系、毎週金曜20:00〜)の第9話(7月3日放送)にゲスト出演する。山本は、元夫に路上で刺されてしまう女性を演じる。

本作は、2010年に「このミステリーがすごい!大賞」の優秀賞を受賞し、作家デビューを飾った新鋭ミステリー作家・佐藤青南の小説「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズの「サイレント・ヴォイス」を原作にした心理サスペンス。栗山が演じる女刑事・楯岡絵麻は、人が嘘をつく瞬間に0.2秒間だけ現れる、その人固有の“マイクロジェスチャー”を読み取ることができる行動心理学の使い手。取調室を舞台に、絵麻は被疑者の習慣や仕草、行動パターンなどから嘘を見破り、事件を解決していく。

<第9話あらすじ>
路上でめぐみ(山本)が刺され、元夫の三嶋が逮捕された。優秀な外科医だった三嶋は、精神を病んでいるように見え、この状況では刑法39条の心神喪失者として無罪となり病院へ移送される。行動心理学で嘘を見抜く美貌の女刑事・楯岡絵麻(栗山)が取り調べると、三嶋夫婦の娘が3年前に殺されていたことが判明。今回の事件と娘の殺人事件は何か関係があるのか!? 絵麻が事件の闇に斬り込んでいくと驚愕の事実に至る……。

関連記事(外部サイト)