鈴木一真、憧れの吉川晃司との共演に興奮「優しさに感動しました」『探偵・由利麟太郎』最終章

鈴木一真、憧れの吉川晃司との共演に興奮「優しさに感動しました」『探偵・由利麟太郎』最終章

鈴木一真

吉川晃司主演の5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00〜)。放送は残り2回で、7月7日(火)・7月14日(火)が最終章となる。このほど、重要人物となる鈴木一真からコメントが届いた。

同ドラマは、吉川演じる白髪の名探偵・由利麟太郎が、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳)とバディを組み、数々の奇怪な難事件に挑む横溝正史原作のホラーミステリー。

最終章「マーダー・バタフライ前編/後編」は、“由利麟太郎シリーズ”の中でも最も人気のある「蝶々殺人事件」が原作。ドラマ版では「マーダー・バタフライ」と作品名を変えたが、舞台は小説と同じく、国の重要文化財でもある大阪市中央公会堂がメイン。撮影も今年2月、中央公会堂にて行われた。また、ゲストに高岡早紀、大鶴義丹、鈴木、吉谷彩子、佐野岳、板尾創路、水橋研二、水沢林太郎ほか豪華出演者が集結し、最終章を盛り上げる。

誰しもが犯人になりえるくせのある登場人物の中でも、怪しい人物の一人が、鈴木演じる土屋恭蔵。オペラ界のスター歌手・原さくら(高岡)のマネージャー・土屋は、長年さくらを支えほれ込んでいる。仕事に熱心なあまり、新人助手の雨宮順平(水沢)のミスが許せず、しばしばきつくあたることも。また、音楽団を陰で支える裏方だが、かつてはオペラ歌手だったという設定だ。

登場人物たちが、オペラ会場である中央公会堂に集結。そこに運ばれたコントラバスケースの中から真っ赤なバラに包まれたさくらの遺体が発見され、謎の怪事件がスタート。愛憎渦巻く複雑な人間関係の中で次々と巻き起こる連続殺人事件。冷静沈着に事件を探る由利が、最後に導き出した答えとは――。

テレビドラマに出演するのが約2年ぶりとなる鈴木は、現在ロサンゼルスを拠点に国際的に活躍している。そんな彼に最終章の見どころを聞いた。

<鈴木一真 コメント>
――ドラマの企画を聞いた時の印象をお教えください。

まず、企画の冒頭にあった“吉川晃司さんの地上波連ドラ・初主演ドラマ”というのに、ものすごく興奮したのを覚えています。お会いするのは、初めてです。

――オファーを受けた際の、意気込み・感想は?

ドラマのお仕事は、久しぶりなので、舞い上がらないようにしようと思いました(笑)。今、ロサンゼルスに住んでいて、海外を拠点に活動していまして、半年ぶりの日本で、京都は8年ぶりですね。京都は親しみがある街で、一時期は、自分の自転車もあるくらい滞在してお仕事させていただいていました。

――高岡早紀さん演じるさくらにほれ込むマネージャー・土屋恭蔵を演じてみて、いかがですか?

最初は、横溝正史原作ということで、重いキャラクター作りをイメージしていました。ただ、監督が、僕の長めの髪の毛を切らずにそのままでいきたいって言ってくださったのが印象的でしたね。そういうイメージなんだなと。あとは、一緒に出演するゲストの方が、大鶴義丹さんとか、板尾創路さんとか、ものすごくアクの強い(笑)方たちが並んでいたので、油断できないなと。演技プランはたくさん考えましたね。

――横溝正史ミステリー『探偵・由利麟太郎』作品についての感想をお願いします。

吉川さんの佇まい、あとロングコートなど吉川さんの衣装がとにかくかっこいい。吉川さんの存在で、すべてが成立しているいい作品になりそうだなと感じました。横溝正史ファンは、見てくださるといいなと思いますし、プラス、かっこいい吉川さんの新しい世界を感じられると思います。

――撮影現場での様子をお教えください。

僕は、吉川さんに憧れて育った男なので、ものすごく緊張していましたが、ものすごい笑顔でごあいさつしてくださって、その優しさに感動しましたね。田辺誠一さんとは、メンズノンノのモデル時代から30年くらいお付き合いがあって、お仕事も何度もご一緒させていただいていたので、すごく安心する仲間であり、またご一緒できてうれしかったですね。志尊さんや吉谷さんら、若い出演者の方もすごく演技がうまく、すばらしい方々に囲まれているなと思います。

――京都での撮影・生活はいかがでしたか?

東映撮影所の空気感がとても大好きなので、久しぶりに帰ってきたような気持ちです。10年前に、僕が結婚した時に、ちょうど京都で撮影していて、その時に、みなさんに祝福していただいたのが印象的ですね。

――4、5話の見どころ、注目してほしいポイントをお願いします。

もちろん吉川さんですけれども、土屋にもぜひ注目してください(笑)。あやしい役柄ではありますが、あやしい人が多すぎるので、ぜひ怪奇な謎に引き込まれてください!

<第4話あらすじ>
オペラ界のスターでソプラノ歌手の原さくら(高岡)は、弟子で若手歌手の相良千恵子(吉谷)、テノール歌手の小野竜彦(佐野)、マネージャーの土屋恭蔵(鈴木)と助手の雨宮順平(水沢)、そのほかオーケストラの楽団員らとともに、東京での公演を終え、次の舞台・大阪へと向かっていた。

ところが翌日、会場に集まった一同は、さくらがいないことに気付く。さらに、見知らぬ女の子に手紙を渡された小野が、中を見た瞬間、顔色を変えて出て行ってしまう。そんななか、一行のもとには東京からの荷物が届き、コントラバス奏者の川田良介(佐渡山順久)が自分の楽器が見当たらないと騒ぎだす。しばらくして川田のコントラバスは無事に見つかるが、ケースの中にはバラの花びらに覆われたさくらの遺体が入っていた――!

さくらの夫・聡一郎(大鶴)に誘われ、俊助(志尊)とともに会場を訪れていた由利(吉川)は、絞殺されたさくらの遺体から砂が落ちたことに気付く。また前日の夜、千恵子がさくらに頼まれて代わりにホテルにチェックインしたことも判明。さらに、さくらの持ち物には、暗号化された読めない楽譜が。それは、同じ楽団のバリトン歌手・志賀笛人(水橋)の弟子で、当時新人歌手だった藤本章二(池岡亮介)が殺害された際に、楽譜を手にしていたという事件をほうふつさせた。

スター歌手だったさくらの死にショックを隠せない楽団員たち。すると、メンバーの間ではたびたびさくらの亡霊が目撃されるようになる。そして犯人が分からないまま、一行にはさらなる悲劇が迫っていて……!

関連記事(外部サイト)