福田沙紀、ショートドラマ初登場で“恐怖の悪女”を熱演!『スカッとジャパン』

福田沙紀、ショートドラマ初登場で“恐怖の悪女”を熱演!『スカッとジャパン』

福田沙紀

福田沙紀が、7月6日に放送される『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系、毎週月曜20:00〜)のショートドラマに初登場する。

同番組は、内村光良(ウッチャンナンチャン)がMCを務める、日頃のストレスを“スカッと”吹き飛ばす爆笑バラエティ。この日は、田辺誠一、3時のヒロイン(ゆめっち、福田麻貴、かなで)、村上佳菜子、朝日奈央、陣内智則がゲスト出演。スカッとする瞬間の画像を紹介する。

福田が登場するショートドラマ「恐怖の悪女!ナゾの行動の真相」は、「同じマンションに引っ越してきた女性の謎の行動でちょっと怖い思いをした」という投稿を元に作られたもの。さらに本作のメガホンをとったのはドラマ『ライフ』(フジテレビ系、2007年)でも監督をつとめた谷村政樹。13年の時を経て、再びあの“悪女”がよみがえる。恐怖の連続で思いも寄らない展開に今回も目が離せない内容となっている。

1人暮らしをしていた看護師の瀬川梨子(大友花恋)のところに、下の階に引っ越してきたという三田冬香(福田)が挨拶にくる。梨子は三田を控えめで礼儀正しいと感じていたのだが、この時から予想もしない恐怖の日々が始まっていたのだった……。ある日、ベランダで洗濯物を干していた梨子は、誤ってハンガーを下の階に落としてしまう。下の階の三田のところを訪ねていくと、壊れたハンガーを渡され、その事を恐る恐る聞くと三田からは「壊れていましたよ」と言われ、渋々引き返す梨子。しかしその夜「拾ってやっただけありがたいと思えよ」と下の階から声が聞こえてくるような気がするのだ。自分に対する言葉のように聞こえ不安に思っていた梨子だったが、次の日、さらなる恐怖が襲いかかる。

仕事をしていた梨子の前に3か月前から働いていると言い、同じ看護師の制服を着た三田が姿を現したのだ。あまりの偶然にますます恐怖を感じる梨子だったが、昨晩の声の事を三田に尋ねると「寝言じゃないですか」とはぐらかされてしまう。だが、その夜も寝ようとすると下の階からまるで梨子に言っているかのような罵声が聞こえてくる。そんな事が毎晩のように続き、眠れない日々が続くようになり……。

恐怖の展開にスタジオで見ていた村上は「鳥肌が立つくらい怖かったですね」とドラマを絶賛。かなでは「もうすぐ初めて1人暮らしをするんですけど……」と言葉に詰まると司会の内村から「ごめんね」と謝られる場面も。久しぶりに魅せる福田の“悪女の怪演っぷり”に注目が集まる。

このほか「大人が解決!/サイテー教師にまさかの結末」には笹野高史、島崎遥香、ファーストサマーウイカが登場。日常に現れた迷惑な人たちを見事な知恵で解決する。「意外な結末スカッと」にはゆきぽよがショートドラマ初登場。困っていた店員に起きた意外な結末とは? 「ウソみたいなホントの話スカッと」には星野真里、宅麻伸が登場。1人の医師とある家族に起こったウソみたいなホントの話を紹介する。

関連記事(外部サイト)