アインシュタイン、ブサイクとイケメンという見た目を生かしたイメージアップ法を伝授『芸人先生』

アインシュタイン、ブサイクとイケメンという見た目を生かしたイメージアップ法を伝授『芸人先生』

アインシュタイン

お笑いコンビのアインシュタイン(稲田直樹、河井ゆずる)が、7月14日放送の『芸人先生』(NHK Eテレ、毎週火曜22:50〜)に出演。先生となり、「イメージを超えていけ!」講座を繰り広げる。

芸人たちが先生になり講義する同番組は、漫才やコントには社会を生きていくノウハウが、ネタ作りには極上のアイデアが詰まっているという考えから、「それをビジネスに生かせたら?」という発想で誕生。第3シーズンでは、秋元真夏(乃木坂46)が語りを務める。

今回は、ブサイクとイケメンという見た目のキャラを生かした漫才師・アインシュタインが、周りのイメージに戸惑う肌着メーカー社員に対して、ブランドイメージについて講義。

認知されることが重要、マイナス要素はプラスに変換して対応など、イメージアップの方法やプレゼン術を、爆笑ネタを交えて伝授する。また、革新的な男性下着を手掛けた社員が開発秘話を語る。

関連記事(外部サイト)