JO1が全員そろって『ネプリーグSP』に初参戦「JAMのために頑張ります!」

JO1が全員そろって『ネプリーグSP』に初参戦「JAMのために頑張ります!」

JO1

7月20日放送の『ネプリーグSP』(フジテレビ系、毎週月曜19:00〜)は、初参戦のJO1が“JO1チーム”として登場。ミルクボーイ(駒場孝、内海崇)とかまいたち(山内健司、濱家隆一)の“最強漫才師チーム”と、武井壮、武田修宏、長嶋一茂ら“アスリートチーム”に、ネプチューン(名倉潤、堀内健、原田泰造)、林修、村瀬哲史らが加わり、三つどもえ対決SPを行う。

1stステージは、誰もが見聞きし知っているモノの写真を見て名前を答えるゲーム「ブレインタワーゴールド」。JO1からは現役高校生の豆原一成とダンスリーダーの川尻蓮、事前テストで見事満点をたたき出した川西拓実と白岩瑠姫が挑戦する。川尻は「高校の頃、化学科だったので理科とか化学が得意」と理系であると話し、豆原は応援する「JAM(JO1のファンの総称)のために頑張ります!」と意気込むが、日本人なら誰もが知っている、あるモノがわからずパニックに……? 対する最強漫才師チームのミルクボーイも「僕らも粉ミルクちゃん(ファン)たちのためにがんばります」と、JO1に対抗心を燃やす。

2ndステージは、あらゆる分野から出題された問題にひとり1文字ずつ解答し、全員で5文字の答えを完成させるゲーム「ハイパーファイブリーグ」。JO1は、自分たちの挨拶「Go to the top JO1です!」を披露し、気合いを入れて臨むもアーティストならば知らないと恥ずかしい、世界的な音楽賞の名前で珍解答が……。また、関西出身なら知らないといけない常識クイズにミルクボーイが大失態。罰ゲームで即興を披露する。

3rdステージは、さまざまなモノの割合を答えるゲーム「パーセントバルーン」。JO1チームは最後の解答者にグループのリーダーで最年長の與那城奨が登場し、堀内は「こういう時に最後に決めるのがリーダーだから!」とプレッシャーをかける。続く4thステージは、「広辞苑」や「現代用語の基礎知識」に掲載されている、当たり前に使われる常識ワードの意味を正しく使ってオリジナルの例文を作るゲーム「例文サロン」。JO1の鶴房汐恩は「うんちくや知識が豊富で一番賢いです!」とコメント。同志社大学を卒業した河野純喜も「自信あります!」と余裕の表情を見せる。

5thステージは、10個以上正解がある常識問題を制限時間内に答えるゲーム「ハイパーボンバー」。最強漫才師チームは、「広辞苑」に掲載される言葉で、名倉&山内が足を引っ張り、責任のなすりつけあいが……。一方、JO1チームの豆原は「冷静に答えられるように頑張ります」と落ち着いて解答していくが、後半で大平祥生が行き詰まり頭を抱えてしまう。果たして、何ポイント獲得できるのか!? この三つどもえを制するのはどのチームなのか最後まで目を離せない。

JO1の與那城、豆原、川尻からコメントが到着、以下に紹介する。

<JO1 コメント>
――収録を終えてみていかがでしたか?

與那城:メンバー全員でクイズ番組に出演するのは初めてで、みんな予習をして今回挑戦したのですが、それが全く発揮できなかったです……(笑)。でも、すごく良い経験になりました!

豆原:めちゃくちゃ緊張しました。あの場に立つと、普段分かることが分からなくなりました(笑)。次、出られたら挽回したいです!

川尻:ただ楽しかったです! 問題を解くのも楽しかったですし、ご一緒した先輩方がすごく面白く話題を振っていただきトークの部分も楽しめました。ホリケンさんが大好きになりました!

――番組を楽しみにしている視聴者に向けてメッセージをお願い致します。

與那城:パーセントバルーンのチームの一体感は必見です! 僕たちの力をなんとかみせることができたのかと思います。ぜひ、お楽しみに!

豆原:ファイブボンバーでの点数の競り合いを見てほしいです!

川尻:グループとして初めてのクイズ番組の出演だったので、たくさん緊張しましたが、楽しんで収録に参加させてもらいましたので優しく見守って下さい!

関連記事(外部サイト)