水野美紀、心温まる親子の占い結果に大号泣!「私、松方弘樹さんみたいになっていくのかな」『突然ですが占ってもいいですか?』

水野美紀、心温まる親子の占い結果に大号泣!「私、松方弘樹さんみたいになっていくのかな」『突然ですが占ってもいいですか?』

ゲッターズ飯田

当代随一の人気占い師・ゲッターズ飯田が、8月5日に放送される『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系、毎週水曜22:00〜)に登場。6万人以上を占ってきた統計に基づき、自ら開発したオリジナル占術「五星三心占い」で、2組4名の女性たちを占っていく。

沢村一樹、水野美紀、みちょぱ(池田美優)がレギュラーを務める同番組は、芸能人も占うスゴ腕占い師が、街で突然占いを持ちかける“占い突撃番組”。イマドキの若者事情、家庭事情、職場事情、恋愛事情など、令和時代のリアルに切り込んでいく。

1組目は、スナックを経営する29歳の女性と、その母親の59歳主婦。明るく陽気な2人は、有名占い師との対面に大興奮。「顔ちっちゃいんですね!」などと褒めちぎるが、ゲッターズは「褒められたからといって、いいことばかり言うわけじゃないですよ」と、いたって冷静に反応し、鑑定を始める。するとさっそく、娘の恋愛遍歴や健康面の悩みなどを次々と言い当てていくゲッターズ。あまりの的中率の高さに、横にいる母親が「すごい! 全部“LOCK-ON(的中)”!」と当番組でおなじみのフレーズを口にし、娘から「お母さんが言わなくても、ちゃんと(画面にテロップが)出るから(笑)」と、たしなめられる一幕も。また、“チーママ”を雇って、いずれは自分の店を任せたいという娘に対し、ゲッターズは“デキる経営者”の資質や心構えを伝授する。そして、「主人が病気になってしまったので占ってほしい」という母のリクエストで、娘の父親を、急きょ電話越しで占うことに。父親の家族への愛情を感じ取ったゲッターズは、母と娘に、父親が元気でいられるように2人が今するべきことを、優しくアドバイスしていく。

2組目は、音楽大学の先輩と後輩で、現在、ともに音楽を生業(なりわい)としている31歳の女性2人組。ゲッターズはまず、2人それぞれの性格を見抜き、今後の運気を鑑定。先輩の女性に「お酒での失敗に注意」と忠告すると、想像以上の酒グセの悪さが露呈してしまう。また、後輩の女性の金運を見ていくと、なんと「洋服代は年間×××万円」という極度の浪費家であることが発覚。だが、後輩女性のある長所に気付いたゲッターズは、今後、あることを心掛けてほしいとアドバイスする。そうすれば、幸せな未来が待っているというのだが……?

「リモート占い」では、巫女(みこ)の血を引く天星術師・星ひとみが、北海道在住の39歳の女性をオンラインで鑑定。生年月日・姓名判断・血液型・顔相・手相などさまざまな要素を混ぜた「天星術」で占う星は、女性のこれまでの人生に降りかかってきた衝撃の過去を次々と言い当てていく。すると女性は、10歳のときに経験した、ある出来事を告白。いつも驚異の的中率で依頼者をびっくりさせている星も、まさかの体験談に思わず絶句してしまうが、今後の運気もしっかりと鑑定し、「来年の夏、〇〇〇〇に遭遇する確率が高いから要注意」と、きわめて具体的なアドバイスを授ける。

続いて、博多の人気占い師・木下レオンが、東京に住む2人の子供を持つシングルマザーをリモートで占う。生年月日から運命を推測する東洋占星術と神通力を融合した帝王占術で運勢を見るレオンは、女性をひと目見るなり、本来の性格や結婚歴、さらには健康の問題についても、見事に“LOCK-ON”。そして、女性が自分の母親に対して抱えている、ある思いに気付いたレオンは、子供を愛しているからこその子育ての仕方について、熱いアドバイスを送る。

さらにレオンは、新潟で暮らす37歳の看護師の女性もリモートで占う。現在、3人の子供を育てている女性は、最近、11歳の長男のことで悩んでいるという。そこでレオンは、女性から長男の生年月日などを聞き、この長男も占うことに。そして長男は今、何を思い、考えているのかを看破したレオンは、子供との付き合い方を、親身になって助言していく。すると女性は、長男をカメラの前まで連れてきて……。かくして、レオンと11歳の男の子の心温まるやりとりが繰り広げられることに。

この様子をスタジオで見ていた水野は、やはり今回も大号泣。互いを思いやる母子の姿を目の当たりにし、「いや〜、やられた! そのへんの映画やドラマよりよっぽど泣けちゃうよね」と、涙でハンカチを濡らす。そして、「レオンさんに泣かされるの、これで3回目ですからね」という沢村のツッコミに、「私、このまま『元気が出るテレビ』の松方弘樹さんみたいになっていくのかな……」とあきらめたようにつぶやくのだった。

関連記事(外部サイト)