坂口健太郎、柴咲コウの初恋相手で『35歳の少女』出演!これまでのイメージを壊す悪キャラに

坂口健太郎、柴咲コウの初恋相手で『35歳の少女』出演!これまでのイメージを壊す悪キャラに

坂口健太郎

坂口健太郎が、柴咲コウが主演を務める10月期土曜ドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系、毎週土曜22:00〜)にレギュラー出演することが明らかになった。坂口は、柴咲演じる主人公・今村望美の初恋の相手を演じる。

『家政婦のミタ』『同期のサクラ』(共に日本テレビ系)の制作チームが集結する本作は、『〇〇妻』(日本テレビ系)以来、5年ぶりに柴咲と脚本家・遊川和彦がタッグを組むオリジナルドラマ。これまでドラマの内容は「25年ぶりに帰ってきた娘は、10歳の子供だった―」というコピーのみが明かされていたが、この度、より詳しい物語が明らかに。

1995年、不慮の事故で突然、長い眠りについた10歳の少女・望美。家族はバラバラになり、初恋の少年は夢をあきらめ、それぞれに孤独な“今”を生きていて、母親だけは娘の奇跡の生還を信じ、見守り続けていた。そして2020年、25年ぶりに望美が目覚める。心は10歳、だけど体は35歳という、すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる望美の“時をこえた”成長物語を描く。

坂口は、柴咲演じる主人公・望美の小学校のクライメイトで初恋の相手、広瀬結人役を演じる。体は自分と同じ35歳、しかし、心は10歳のままの望美に戸惑いながらも向き合っていくという役どころだ。

結人は、一度小学校の教師となったが、ある事件をきっかけに退職。自信のなさを隠すために、他人の批判と上から目線でなんとか自分を守っていたが、望美との“再会”で、そんな自分を見直していき、望美への思いもふたたび芽生えていく。

坂口は柴咲と初共演で、遊川作品への出演も初めてとなる。また、民放の連続ドラマへの出演は、主演を務めた2019年1月期ドラマ『イノセンス』(日本テレビ系)以来、約1年半ぶりになる。

坂口は出演に際し、「初の遊川作品、そして初めて柴咲コウさんとご一緒させていただけることが、今からとても楽しみです」と喜び、「最初に台本を読ませていただいた時の高揚感を大切にしながら、望美の周りで起こる様々な出来事を、結人として見守り、時には望美に気づかされ、一緒に成長していけたら嬉しいです」と意気込んでいる。

日本テレビ情報・制作局の大平太プロデューサーは「坂口健太郎さんといえば、これまで爽やかな好青年や、正義感の強い役柄を好演してきた印象がありますが、今回お願いする、結人はある出来事から偽りの人生を生きている無頼漢というか、これまでの坂口さんのイメージを壊す“悪キャラ”になっています」と明かし、「言動は乱暴でも、主人公の孤独や絶望に寄り添う結人を坂口さんが演じれば、自然と“本当の優しさ”を表現できるのではないかと、今からとても楽しみにしています」と期待を寄せている。

関連記事(外部サイト)