野村周平、福士蒼汰主演『DIVER-特殊潜入班-』にNY留学から帰国後初の連ドラ出演!「初心に戻った感覚になりました」

野村周平、福士蒼汰主演『DIVER-特殊潜入班-』にNY留学から帰国後初の連ドラ出演!「初心に戻った感覚になりました」

りょう、福士蒼汰、野村周平、安藤政信

野村周平、安藤政信、りょうが、9月22日スタートの福士蒼汰が主演を務める火9新ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00〜)に出演することがわかった。

同ドラマの原作は、大沢俊太郎の人気漫画「DIVER-組対潜入班-」(掲載「グランドジャンプ」集英社)。福士演じる主人公の黒沢兵悟は、かつては警察も手を焼くほど巧妙な手口を考え出す犯罪者だったが、その異常なIQ・判断力・身体能力が認められ、極秘で結成された「潜入捜査チーム“D班”」の一員となる。その仕事は、悪の組織に潜入して情報や証拠をつかみとる、ともすれば命を落としかねない特殊捜査だ。しかし兵悟は、そんな危険も顧みず、悪の根源を駆逐するためには手段を選ばず、時に暴力的に、時に冷徹に、犯罪者に立ち向かっていく。

このたび、そのD班のメンバーのひとりで、黒沢のライバル的存在となる佐根村将役に野村、D班の班長、伊達直哉役に安藤、兵庫県警本部長でありながら、D班を極秘に結集させ、影でD班を操る阿久津洋子役にりょうが決定した。

<福士蒼汰 コメント>
――凶悪なダークヒーローに初挑戦ということですが、撮影が始まっていかがですか?
 
兵悟の中にある“闇”をどう表現するか考えながら撮影に挑んでいます。潜入捜査官なので、いろんな役を演じる感覚でお芝居をしています。

――共演者の印象については?

(野村くんとは)『恋仲』以来5年ぶりの共演ですが、お互い少し大人になった今、また共演できているのがうれしいです。軸の部分は変わらず、安心感や安定感も味わっています。今までは同級生の役で共演してきたので、年齢も立場も違うというのは今回が初めてです。僕に対して敬語を使う役の野村くんは新鮮で、楽しみながら演じています。お互いに成長を重ねた今、今までにない新しいコンビネーションを見せられたらうれしいです。

安藤さんとは撮影をご一緒していくにつれて、他の人の動きに常にアンテナを張って全体のムードを大切にしてくださったり、芝居の中での心情に対しても常に寄り添って、現場で僕が気づけなかった事などもフォローして頂いています。

りょうさんとは初共演させていただきますが、美しさの中にとても強い芯のある女性という印象を抱いていましたが、今回演じられる阿久津というキャラクターも、強さとミステリアスさが共存する役でもあるのでとても楽しみです。

――視聴者へメッセージをお願いします。

挑戦的な作品であり、脚本もとてもおもしろく、登場するキャラクターも個性豊かで攻めたドラマになると思います。楽しみにしていてください!!

<野村周平 コメント>
――佐根村将を演じるにあたって意識していることは?
  
佐根村は、礼儀正しくて硬派。元自衛官なので、体つきも意識してトレーニングやキックボクシングに通ったりしています。この作品はアクションも見どころのひとつで、将として自衛官らしいアクションも意識しています。兵悟とはまた違う動きをしているので、そういうポイントも楽しみにしていただきたいです。

――出身地である神戸が舞台ですが、何か感じることはありますか?

学生のころ、友達とよく遊んでいた場所やなじみのある風景が撮影現場になっているのが嬉しいですね。「あ、ここはあの時に行ったな」と思い出したりしています。

――帰国後初の連ドラ出演について。

久しぶりにセリフを覚えたり、現場の空気を感じたりして、初心に戻った感覚になりました。僕のことを覚えていてくれて、今回お声がけいただいたということがすごくありがたいですし、その期待に応えるべく頑張らないとな、と気が引き締まる思いです。

――視聴者へメッセージをお願いします。

豪華なキャスト陣で、たくさんの見どころをギュッと濃縮した作品をお届けします。9月22日から全5話、毎週ぜひ見逃さずご覧ください!

<安藤政信 コメント>
――伊達直哉という役についての印象は?
  
変わり者が集まったD班をまとめる班長ということで、とにかく強くいるということと、どんなことでもぶれないということ。さらに、人間らしく温かさを持ち続けたいなと思っています。伊達は、兵庫県警とD班をつなぐ唯一の存在です。どちらにいても、変わらずに1本の筋が通った伊達という人間である、という太い幹でありたいと思います。

――撮影現場の雰囲気について。

プロデューサーも監督も、「絶対にいいものを創ってやるぞ」という熱量を持ってこの撮影に臨んでいるなと伝わってきます。緊急事態宣言による活動自粛が明けてすぐの現場がこの『DIVER』だったので、僕自身も、表現をすること、監督や役者たちと作品を創っていくことが好きなんだな、と改めて感じました。家で台本を読むことしかできない2か月を経て、いま現場にいるありがたみがより強くなりました。

――視聴者へメッセージをお願いします。

本当に個性的なキャストが集まっていますし、1シーン1シーン、いろんなやりとりをしながら撮影しています。全5話の全体像として絶対におもしろいものになって、皆様にお届けできると思います。ぜひご覧ください!

<りょう コメント>
――阿久津洋子という役についての印象は?
  
一筋縄ではいかない、使える武器はすべて使う、というしたたかさがある冷徹な人、というイメージです。男社会の中で、押しつぶされたりしながらも、組織の内部にはびこる悪を見て、本当の正義とは何かと追及している女性です。

潜入捜査官というのは、正義の心を持って悪に身を寄せる、という極限の精神力が必要な仕事です。個の強いチームをまとめていく役割でありながら、謎めいたところが阿久津にはあるので、その辺りもぞわっとする感じで出せたらと思っています。

――役作りについて意識をしたところは?

どこか引っ掛りのある表現を心がけています。そして自分の武器をすべて使うという意味で、女性であることも武器にしていると感じ、衣装についてご相談させていただき、やわらかいブラウスの素材だったり、レースを入れてみたり、フェミニンな要素を入れてみました。そのあたりもちょっと注目していただけると嬉しいですね。

――視聴者へメッセージをお願いします。

このドラマは全5話なのですが、とにかくドキドキ、ハラハラの展開です。1話・2話・3話と散りばめられたエピソードが、4話・5話でどんどん回収されていきます。いろんなことを見逃さず、何度も見返して楽しんでいただければ嬉しいです。

関連記事(外部サイト)