吉谷彩子がロングヘアに!中島裕翔演じる大輔の元カノ役で『SUITS/スーツ2』第8話から参戦

吉谷彩子がロングヘアに!中島裕翔演じる大輔の元カノ役で『SUITS/スーツ2』第8話から参戦

注目の若手女優・吉谷彩子が物語の鍵を握る人物を演じる

女優の吉谷彩子が、8月31日に放送される織田裕二主演の月9ドラマ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系、毎週月曜21:00〜)の第8話から出演することがわかった。吉谷の月9ドラマへの出演は、2015年1月期の『デート〜恋とはどんなものかしら〜』以来、5年ぶりとなる。

本作は、2018年10月期に放送されて人気を博した『SUITS/スーツ』の続編となるリーガルドラマ。前作に引き続き、織田が負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午を、中島裕翔(Hey!Say!JUMP)が経歴を詐称しながらアソシエイト弁護士として働く天才青年・鈴木大輔を演じる。

吉谷といえば、2017年10月期の『陸王』(TBS系)や2019年10月期の『グランメゾン東京』(TBS系)、2020年4月期の『ハケンの品格』(日本テレビ系)など、話題作に立て続けに出演し、その演技力の高さから今最も注目を集める若手女優の一人。

これまではショートカットのイメージが強かった吉谷だが、本作ではロングヘアとなり、中島演じる大輔の幼なじみで元恋人の黒崎怜(くろさきれい)を演じる。大輔の過去を知っている怜の登場は、“SUITS”メンバーに何をもたらすのか?

<吉谷彩子 コメント>
――『SUITS/スーツ2』の出演が決まった時の率直な感想は?

シーズン2の途中からの参加で、『SUITS/スーツ2』のチームに入っていくのに少し緊張しました。でも、いざ現場に入ってみると、皆さんにあたたかく迎え入れていただきました。とても演じやすい現場で、すごくありがたいなと思うと同時に、頑張んないといけないなというプレッシャーも感じています。

――『SUITS/スーツ2』のドラマの印象について。

事前に『SUITS/スーツ』の雰囲気を知るためにドラマを見ていたのですが、すごくテンポがよく、オシャレなドラマだと思いました! また、監督と事前にお話しして、原作のドラマはあえて見ないで、日本の『SUITS/スーツ』だけを見て、テンポ感やキャラクターなどを勉強させていただきました。

――今回、演じる黒崎怜という役の印象について。

最初に台本を読んだ時は、すごく嫌な女子なのかなって思いました(笑)。でも、ただの悪い女子ではなく、怜にも事情があり本当はいい子なので、悪いだけの感じにならないように演じていければと思っています! 少しでも愛されるキャラクターになっていければいいなとずっと考えながらお芝居をしています。

――番組を楽しみにしている視聴者に向けてメッセージをお願いします。

怜という女性にすこしでも親近感を持っていただければうれしいなと思います! 少しドロっとした関係性の中で、しっかりと恋愛をするのは初めてなので、悪い風にみえてしまうかもしれないですが……。ぜひ、そこも楽しみに見ていただければと思います!

<第8話あらすじ>
甲斐(織田)が訴えられた「コースタル・モーターズ」訴訟の件は、和解を進めることで一応の決着をみる。だが「幸村・上杉法律事務所」代表の上杉(吉田鋼太郎)は、今回の一件において、同じく「幸村・上杉法律事務所」代表のチカ(鈴木保奈美)の手腕に疑問を投げかけ、シニアパートナー会議を招集。チカと自分のどちらがファームのトップに立つべきか投票によって決めたいと提案する。

甲斐は、大輔(中島)を東京駅まで呼び出し、上杉が休職したときと同じタイミングでファームを辞めたアソシエイトの尾形万智子(松本若菜)を探し出すよう命じる。「形勢逆転を狙う」甲斐は、このことをチカには伝えないよう念を押すと、どこかへ旅立っていき……。

数年前――まだシニアアソシエイトだった甲斐は、チカから協力を求められる。ファーム内で横領している人物を突き止めたい、というのだ。甲斐は、ジュニアパートナーへの昇格を交換条件にして、当時秘書だった玉井(中村アン)とともに犯人探しを始める。

一方、その当時の大輔は、トラブルメーカーでもある悪友の谷元遊星(磯村勇斗)と一緒に暮らしながら、メッセンジャーの仕事をしていた。遊星の妹・砂里(今田美桜)は、そんな大輔のことを何かと心配していた。ある日、遊星は、会わせたい女性がいる、といって大輔を飲みに誘った。そこにやってきたのは、大輔の元恋人・黒崎怜(吉谷)と、怜の友人の矢代千夏(堀田真由)だった。

横領した人物を追っていた甲斐たちは、口座を管理していた万智子のパソコンから情報を得て、ファームの金が同僚弁護士の蟹江(小手伸也)に流れていることを知るが……。明らかになる甲斐と大輔の過去――。そして、ファームが隠し続けてきた、過去の真相がついに明らかになる。

関連記事(外部サイト)