中島健人&平野紫耀の“最強バディ”見納めにロスの声続出「“ありがとう”と“お疲れさま”の気持ちでいっぱい!」『未満警察』

中島健人&平野紫耀の“最強バディ”見納めにロスの声続出「“ありがとう”と“お疲れさま”の気持ちでいっぱい!」『未満警察』

記事画像

中島健人(Sexy Zone)と平野紫耀(King & Prince)が出演する土曜ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系、毎週土曜22:00〜)の最終話が、9月5日に放送。インターネット上では、最強バディの最後の勇姿に多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、警察学校を舞台に、毎回新たな事件に巻き込まれる頭脳派の本間快(中島)と肉体派の一ノ瀬次郎(平野)の2人が、学校の授業で得た知識を駆使して、リアルタイムで難事件を解決していく、新しい本格警察ドラマ。

橘冬美(大幡しえり)が持っていた携帯電話の動画には、教官・片野坂譲(伊勢谷友介)が“スコップ男事件”の最初の被害者・中富姫花を土に埋めている映像と“ある真相”が映っていた。

助教の及川蘭子(吉瀬美智子)に映像を見せた2人は、上層部に提出しても、もみ消されるため「模擬捜査の授業としてやらしてください!」と懇願。教官の心情が分かれば、事件の真相も見えてくると訴えた。及川は、これは自分たちの事件でもある、と言い、自身が手伝うことを条件に模擬捜査が行われることに。警察の同期とともに手分けして3つの事件と片野の接点を探ることとなった。

姫花が埋められていた現場に出向いた本間と一ノ瀬。そこで、花をたむけにきた彼女の同級生・神尾舞(真魚)と出くわす。舞は、国会議員を祖父に持ち、権力をふりかざす姫花が、同級生をイジメていたことを知る。さらに、同期たちから情報を得た2人は、授業を思い出しながら“もうひとつの真実”を推理。ある事実にたどり着いた本間は、片野坂を警察学校に呼び出した。

翌日、片野坂を前に模擬捜査の発表。片野坂の娘が姫花によるイジメを苦に自殺をしたこと、このイジメが“祖父が国会議員”という理由でもみ消されたこと、犯人は復讐のために姫花を殺したと語りかける。さらに片野坂と接点のある2、3件目の事件も同様に“口封じ”で殺害。架空の人物をスコップ事件の犯人とでっちあげたと発表した。彼らの捜査を聞いた片野坂は「立派になったものだ」と称賛。警視正・国枝役(木下ほうか)に自首をしたがなかったことにされ、警察は捜査の非を認めなかった。だが、本間たちは約束を果たしてくれたと安堵の表情を見せた。

しかし、本間は「まだ続きがあります。教官は教えてくれました。“表に見えるものだけが真実ではない”って」と事件の真相を語りだす……。

ネット上では彼らの成長が見られた最終回に「この状況下の中で大変だったと思うけれど、最強のバディになったね」「ケンティーと紫耀くんに“ありがとう”と“お疲れさま”の気持ちでいっぱい!」「もう既にジロちゃん&カイくんロスです」といった声が。さらに、事件の真相を語りだす本間や一ノ瀬たちについては「涙が綺麗すぎて二次元」「涙の流し方天才」「めちゃくちゃ号泣な展開すぎて涙ボロボロ」といったコメントがあった。

関連記事(外部サイト)