鈴木仁、松井玲奈演じる“30歳のお姉さん”に告白する青年役を好演!視聴者も「突っ走る気持ちが分かる」と共感

鈴木仁、松井玲奈演じる“30歳のお姉さん”に告白する青年役を好演!視聴者も「突っ走る気持ちが分かる」と共感

志乃(松井玲奈)は「結婚相手が見つかるまで」の条件で真雪(鈴木仁)と付き合うことに

松井玲奈が主演を務めるドラマ『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』が、FODで配信中。第1話「大誤算」は、松井演じる30歳の主人公・森山志乃と、鈴木仁演じる9歳年下の青年・佐藤真雪の出会いが描かれた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、小学館の「姉系プチコミック」に連載されている畑亜希美の同名コミックを原作としたラブストーリー。松井や鈴木の他、森矢カンナ、出口夏希、円城寺あや、有沢雪、鎌滝恵利、太田莉菜、おかやまはじめ、福士誠治らが出演する。

在宅メーカーの四つ葉ホームズで広報課長として働く志乃は、仕事も恋も遊びも一通り経験し、あとは要領よく同年代の男性と結婚したいと願う30歳。ある日、残業を終えて帰ろうとしていたところ、会社のビルの前でうずくまり眠っている青年を発見する。

「大丈夫ですか?」と志乃が声をかけると、青年は目を覚まし、開口一番「俺、佐藤真雪って言います。お姉さん、俺と付き合ってください」と告白。真雪は志乃の会社に出入りする造園業者で働いており、かつて熱中症で苦しんでいたときに、志乃が水を差し出して助けてくれたと告げる。

真雪は「あのとき、お姉さんがくれた水で生きてます。優しさにやられたんです」と迫るが、志乃は真雪が自分の9歳下だということを知り、「私、結婚がしたいの。相手は同年代の男性がいい。だから、ごめんなさい」とキッパリ断る。しかし、断られてもなお、「少しでも可能性があるのなら、俺と付き合ってください」と食い下がる真雪に、志乃は“同年代の結婚相手が見つかるまで”という条件で付き合うことを了承する。

こうして2人の交際がスタートするが、さっそく年齢差による感覚の違いが露呈。志乃を海に連れてきてはしゃぐ真雪に対し、絶対に日に焼けたくない志乃は、つい不機嫌な態度をとってしまう。それでも素直に謝る真雪に、志乃は次第に愛おしさを覚えるようになっていた。

要領は悪いが、一生懸命で真っ直ぐで、自分のことを考えてくれる真雪。お見合いをすることになり、別れを切り出しても、真雪は「ちゃんと志乃さんのことも考えるって約束したから」と聞き分けよく振る舞う。

その態度に少しばかり不満の志乃だったが、31歳の誕生日の夜に真雪からあるサプライズを受け、心を激しく揺り動かされる。常に要領よくあろうとしていた志乃にとっては、まさに大誤算。いつの間にか、真雪に惹かれているのだった……。

アイドル卒業後、様々な作品に出演し、演技の幅を広げている松井と、「MEN’S NON‐NO」専属モデルながら俳優としても活躍中の鈴木が、恋人同士を演じる本作。“年齢差”がポイントとなる作品だけに、実際に8歳差の2人による演技は真に迫っており、志乃と真雪の関係性を違和感なく形にしている。

インターネット上では、第1話でラブシーンやキスシーンも繰り広げた松井と鈴木の演技が話題に。「玲奈ちゃん可愛くて、でも大人っぽくて素敵」「あんな可愛い役演じられるのは玲奈ちゃんしかおらんのですよ、可愛いし、しっかり大人な雰囲気も出していらっしゃる。真雪くんがあんなに突っ走る気持ちが分かる」「無邪気な年下男子を自然に演じててかわいかった〜。なのに時々かっこいい。お仁の魅力が本領発揮されてる!!」などの声があがっていた。

関連記事(外部サイト)