上白石萌音、北大路欣也の部下役で風間俊介と事件解決に奔走!平岡祐太の新署長ぶりにも注目

上白石萌音、北大路欣也の部下役で風間俊介と事件解決に奔走!平岡祐太の新署長ぶりにも注目

北大路欣也、平岡祐太

北大路欣也が主演する金曜8時のドラマ『記憶捜査2〜新宿東署事件ファイル〜』(テレビ東京系、毎週金曜20:00〜)が、10月23日から放送スタートする。第1話では、北大路演じる司法係長・鬼塚一路は、刑事官の神啓太郎(風間俊介)、部下の遠山咲(上白石萌音)と共に、昭和から令和と3時代をまたぐ殺人事件の捜査を開始する。

本作は、2019年1月期に金曜8時のドラマ枠で放送された『記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜』の続編。2020年7月にはスペシャルドラマが放送され、好評を博したばかりだ。北大路演じる司法係長・鬼塚一路が、他の捜査員たちと共に難事件を解決する姿を描いたサスペンス。

<第1話 あらすじ>
ある事件で車椅子生活となった鬼塚一路(北大路)は定年後、新宿東署に再任用された。ある日、新宿植物園の園内遊歩道で「松本勇吾」という男性の死体が見つかる。鬼塚はその名前から被害者がバイクの盗難で被害届を出していたことを思い出す。盗難事件と今回の殺人事件は関連があるのか?

鬼塚は刑事官の神啓太郎(風間)、部下の遠山咲(上白石)と共に捜査を始めるが、新署長としてやってきた東奏多(平岡祐太)はそれが気に食わず……。

関連記事(外部サイト)