柴咲コウ演じる望美、“元教師”坂口健太郎に勉強を教えてもらうが…『35歳の少女』第3話

柴咲コウ演じる望美、“元教師”坂口健太郎に勉強を教えてもらうが…『35歳の少女』第3話

坂口健太郎、柴咲コウ

柴咲コウ主演の土曜ドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系、毎週土曜22:00〜)の第3話が、10月24日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

『家政婦のミタ』『同期のサクラ』(共に日本テレビ系)の制作チームが集結する本作は、『〇〇妻』(日本テレビ系)以来、5年ぶりに柴咲と脚本家・遊川和彦がタッグを組むオリジナルドラマ。1995年、不慮の事故により10歳で突然、長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”今村望美。待ち受けていたのは、変わり果てた世界と自分だった。現実に戸惑いながらも前を向いて生きる少女の“時をこえた”成長物語だ。この現代版“眠り姫”ともいえる本ドラマ。主人公・望美を柴咲、望美の初恋の相手・広瀬結人を坂口健太郎、望美の妹・時岡愛美を橋本愛、望美の母・多恵を鈴木保奈美、望美の父・今村進次を田中哲司が演じる。

前回の第2話では、愛美(橋本)が後輩社員・林田藤子(大友花恋)と付き合う元カレの相沢秀男(細田善彦)の気を引くために、結人に“恋人代行”を依頼するシーンが描かれ、視聴者からは「私も坂口健太郎くんレンタルしたい」といった声があがり話題に。一方で、望美は同級生と再会したが、彼女たちがSNS上で、自身について「リアル浦島太郎状態」といったことを言っていることを知り、家にあった自転車に乗って、事故に遭った坂を下り始め……。

<第3話あらすじ>
望美(柴咲)は、家族に成長宣言したものの、努力するがうまくいかない。昔から教えることが得意だった元教師の結人(坂口)に勉強を見て欲しいと思う望美。

しかし、娘が結人と近づくことをよく思わない多恵(鈴木)は、学習塾に通わせようとするが、望美はついていけない。

一方、進次(田中)は部屋に引きこもる義理の息子・達也(竜星涼)との関係を修復しようと、加奈(富田靖子)の制止を振り切って部屋のドアを叩く。しかし、達也はいきなり100万円を要求する。

仕事での功績が評価されない愛美(橋本)は、相沢(細田)と藤子(大友)の順調な恋を前に公私ともに絶不調。結人に愚痴聞き代行を頼むが、酔った勢いで大失態を犯してしまう。

そんな中、望美は自分のことを巡って多恵が愛美や進次と衝突を繰り返し、家族の溝が深まっていることを悲しく思っていた。結人に会って相談する望美は、世の中を知るために結人の代行業を手伝うことになる。

関連記事(外部サイト)