中村倫也、“暗黒期”を救ってくれたムロツヨシとの感動話に視聴者感動「涙がとまらない」

中村倫也、“暗黒期”を救ってくれたムロツヨシとの感動話に視聴者感動「涙がとまらない」

記事画像

中村倫也が、10月23日放送の『A-Studio+』(TBS系、毎週金曜23:00〜)にゲスト出演。インターネット上では、ムロツヨシとのマル秘エピソードに感動する声があった。

同番組は、MCの笑福亭鶴瓶とKis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔が事前に徹底取材を行い、ゲストの素顔に迫るトークバラエティ。ゲストには内緒で、彼らの家族や親友など関係者に会いに行き、その人となりを紐解いていく。

2005年に18歳でデビュー。当時から、映画やNHK連続テレビ小説『風のハルカ』などに出演しており、順風満帆の役者人生に思われるが、中村曰く、20〜25歳までは暗黒期。「すさみまくっていた」という。諸先輩方を見習って演劇で実力をつけていこうと思う反面、“ちやほやされたい”“売れたい”という思いもあった。当時は若手イケメンブームで登竜門のようなドラマも多くあったものの、中村はどの作品にも出られず、次第に「出るとかじゃねーし」と考えるように。

原作小説が好きで“この役をやりたい”と思っていても、同世代がその役を担う。その若手役者と話してみると、台本読むより飲みに行く方が好きという人もいる。今でこそ、芝居以外にも商業的な面も含めてキャスティングされるのだと分かるが、当時は「なんで?」と処理をしきれず、だんだんと暗黒期へと落ちていったという。

先輩俳優の古田新太、堤真一、八嶋智人らに飲みにつれて行ってもらい傷を癒してきたが、ムロの力も大きいという。中村は「この人の名前を出したくないんですけど」と前置きしつつ、無名時期に知り合い、彼の舞台『muro式』に出させてほしいと直談判。舞台に出演させてもらうなどして仲が深まったと振り返る。

当時、暗黒期真っ只中。ムロと飲んで腐ったことばかり言っていると、ムロから「お前はどうしたいんだ。何になりたくて、どうしたくて、そのために何してんだ?」と問われた。答えられない自分を突き付けられたことで、その日、ムロと喧嘩に。家に帰り、“これは答えられるようにならないと”と思い、考えた結果“面白い役者になりたい。そのためには逃げずに売れることも考えなきゃいけない”との答えに至った。そこでムロを呼び出し、頑張ることを宣言したことから、暗黒期から抜け出せるようになったという。そんな中、鶴瓶が「なんで名前出したくなかったの?」と問うと「彼の好感度が上がるから」と答えてスタジオの笑いを誘っていた。

ネット上ではムロとの逸話に「ムロさんの好感度を上げさせるために出しちゃう相乗効果が上手いしずるい」「暗黒期も挫折も経て今の倫也くん見れてるんだよね。ご自身の努力の賜物ですね」「ムロさんとの話知ってるのに涙がとまらない」といった声があった。

中村は現在、ドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)に出演中。ゲスト出演した同局の『ぴったんこカン・カン』や『教えてもらう前と後』などのバラエティのほか、『メグたんって魔法つかえるの?』(日本テレビ系)、『不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事』(テレビ朝日系)などの過去の人気作もTVerで見ることができる。

次回は10月30日に放送。ジャルジャルがゲスト出演する。

関連記事(外部サイト)