SixTONES・森本慎太郎『監察医 朝顔』のスピンオフドラマで主演「また違った味が出せたら」

SixTONES・森本慎太郎『監察医 朝顔』のスピンオフドラマで主演「また違った味が出せたら」

森本慎太郎(SixTONES)

11月2日にスタートする上野樹里主演の月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系、毎週月曜21:00〜)のスピンオフドラマ『森本刑事のオジさん監察日記』が、同日22時24分よりフジテレビが運営する動画配信サービス・FODにて配信されることが決定した。本編にも出演する森本慎太郎(SixTONES)が主演を務める。

『監察医 朝顔』は同名漫画作品を原作に、法医学者の万木朝顔(上野)と、朝顔の父で、ベテラン刑事の万木平(時任三郎)たちが遺体の生きた証を探す姿を描く、感動のヒューマンドラマ。その中で森本は、平と同じ野毛山署強行犯係に勤める若手刑事・森本琢磨を演じている。刑事・森本は第1シーズンから少しずつ成長を見せ、今では積極的に捜査に関わるようになり、最近は同僚の平とコンビを組み捜査にあたっている。さらには野毛山署から神奈川県警に引っ張られた、朝顔の夫の桑原真也(風間俊介)に続くように、神奈川県警捜査一課への異動を狙っている。

そんな森本が主人公の本作では、森本の母の弟・秋山丈一が、ある日、「よ。オレオレ」と突然、ひとり暮らしの森本のマンションを訪ねてくる。丈一は、売れない漫画家で、内縁の妻だと思っていた女性に家から追い出されてしまい、次の住む先が決まるまでの間、森本の部屋においてもらえないかと言う。難色を示す森本だったが、無一文の丈一が哀れで、しぶしぶ丈一を受け入れることに。そうして森本刑事と丈一の同居生活が始まったのだが、案の定、トラブルばかり発生して……。

本作は完全オリジナルストーリーで、岩崎う大(かもめんたる)が脚本を担当。『キングオブコント2013』で6代目キングに輝くなど、大人気お笑いコンビ・かもめんたるとして活動するかたわら、「劇団かもめんたる」を旗揚げし、原作・脚本・演出を担う顔も持つ。今年2020年には、第8回公演作『GOOD PETS FOR THE GOD』が第64回岸田國士戯曲賞の最終候補作品に上がるなど、今、最も注目をされている脚本家の1人。本作では岩崎は脚本のみならずなんと丈一も演じ、一つ屋根の下で森本と芝居の掛け合いを見せる。

<森本慎太郎 コメント>
――『森本刑事のオジさん監察日記』のお話を聞いた際の感想を教えてください。

すごく嬉しかったです! 楽しみだー! って思いました。森本が森本を演じて出る森本らしさが、本編の『監察医 朝顔』とはまた一つ違った味が出せたらな! と思いました!

――視聴者の皆さんへ、見どころなどメッセージをお願いします。

本編とスピンオフの森本琢磨のオンとオフの違い。おじちゃんと森本の、息の合ってるか合ってないのか分からないやりとり。クスッとしたり、ラフに楽しめるドラマになっていると思いますので、憎めない森本とおじちゃんをお楽しみください!

関連記事(外部サイト)

×