磯村勇斗“剛”と吉田羊“優子”の不倫キスを夫が目撃!ドロドロの展開に視聴者「一番ヤバイ女」『恋する母たち』第4話

磯村勇斗“剛”と吉田羊“優子”の不倫キスを夫が目撃!ドロドロの展開に視聴者「一番ヤバイ女」『恋する母たち』第4話

剛(磯村勇斗)との不倫におぼれていく優子(吉田羊)

木村佳乃が主演を務める金曜ドラマ『恋する母たち』(TBS系、毎週金曜22:00〜)の第4話が、11月13日に放送。インターネット上では、赤坂剛(磯村勇斗)と林優子(吉田羊)が不倫に溺れてしまう展開に反応する声があった(以下、ネタバレが含まれます)。

迷える母たちの恋愛と友情を描き、「女性セブン」(小学館)で2017年から2020年7月まで連載された柴門ふみの同名漫画を、恋愛ドラマの名?・大石静の脚本でドラマ化。子供を同じ名門校に通わせる3人の母親が、再び女性として恋に落ちてしまう瞬間を描くリアルなラブストーリー。

ある日の朝、優子に「今日遅くなる? 話したいことがある。大事なことなんだけどな。俺たち家族のこと」と話しかける夫のシゲオ(矢作兼)。優子は食事会で遅くなるものの「なるべく早く帰るようにするね」と返した。

クライアントとの食事会を終え、優子は部下の剛と2人でタクシーへ乗り込む。後部座席で足を触ってくる剛に「ちょっと……やめて」と拒否をする優子だが、彼は止まらず、ついに受け入れてしまう。そして、シゲオとの約束をすっぽかして一夜を共にした。夫から求められても拒否しないのか質問してきた彼に対し「こういう関係は、嫉妬したら破綻するわよ」と優子。「優子さんは僕が他の人とホテルに行っても平気なの?」と言うが「大丈夫」と返す。帰宅すると、シゲオが起きてきた。故郷の与論島で叔父が経営するフリースクールを手伝いたいという。突然の報告に優子は動揺する。

その後、会社で優子の目の前で合コンに誘われた剛は、同僚に行くことを承諾。優子は他の女性に目を向けてくれれば“諦めがつく”と安堵する。その日の夜、遅くまで仕事をしていると、剛が突然やって来る。「僕は優子さんじゃなきゃダメなんだ」と誰もいないオフィスで突然キス。「離婚して? 僕だけの優子さんになってほしい」という彼を優子は「私たちは性欲に支配されている。性欲はもって3年。人生は50年続くの。よく考えてみて?」と諭すのだった。

後日、優子は剛に、大介(奥平大兼)の母親として、シゲオの妻として与論島に移住するつもりだと剛に告げる。剛はその頃、休みを利用して岐阜の実家に戻っていた。彼女の告白に慌てた彼は、強引に家に向かうと電話で告げる。そして、数時間後、車を走らせて本当に優子の家の前に。彼女を抱きしめ「性欲だけじゃない。この先50年だって一緒にいたい。結婚しよう」とキス。しかし、その様子をシゲオが見かけてしまい……。

ネット上では、優子と剛の不倫についてコメントが殺到。「赤坂君が沼にハマってるのか、優子さんが沼にハマってるのか。。。」「優子さん×赤坂くんがもうえちえちすぎて//」「今んとこ優子さんが一番ヤバイ女……笑」「赤坂くんの恋が結ばれてほしすぎて発狂してたら矢作出てきて目の前のクッションめっちゃ投げた」「赤坂くん真っ直ぐすぎる……ひたすらに好きだって言う気持ちを、強引だけど切実に伝える赤坂くんにキュンキュンしました」といった声があった。

次回第5話は11月20日に放送。赤坂との密会をシゲオに見られた優子は、「限界だ」と言われてしまう。

関連記事(外部サイト)