Snow Manに密着!デビューイヤーに立ちはだかった逆境をどう乗り越えたのか?

Snow Manに密着!デビューイヤーに立ちはだかった逆境をどう乗り越えたのか?

Snow Man

12月18日に放送された『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』 (フジテレビ、毎週金曜24:55〜 ※関東ローカル)は、9人組グループ・Snow Manを特集した。なお、フジテレビの動画配信サービス・FODでは過去の放送分も含め、独占配信されている。

同番組は、これまであまり表に出されなかったエンターテインメントのバックステージを長期密着取材し、そのリアルな姿を描き出すドキュメンタリー。風間俊介がナレーションを担当する。

Snow Manのデビューは鮮烈だった。デビューシングル「D.D.」はいきなりのミリオン超え、そして10月に発売した2ndシングル「KISSIN’ MY LIPS」は全編英語歌詞と椅子を使った官能的なダンスが話題を呼び、2作連続ミリオンという驚異的な記録を達成した。

抜群の身体能力とアクロバットを武器とし、息の合った圧巻のダンスパフォーマンスが魅力のSnow Man。華々しいデビューイヤーとなるはずだった2020年、そんな彼らの活動にも新型コロナウイルスが大きな影を落とす。今年3月に開催予定だったデビューコンサート全14公演が中止。加えて、バンコク・シンガポール・ジャカルタ・台北と回る予定だったアジアツアーも中止が決定した。最年長の深澤辰哉は「ショックですよね。デビューライブだったから、どうしてもやりたかったですし、ファンの皆さんも待ってくださっていたから」と悔しい思いを語った。グループのリーダー岩本照は「改めてすごい時代に生まれたなと思った。デビューツアーをやらない事になったのは今までにない事だと思いますし。より燃える思いが強まった」と語った。

そして、Snow Man主演の舞台『滝沢歌舞伎ZERO 2020』が、7月と8月に新橋演舞場で予定されていた。『滝沢歌舞伎』は、2006年に前身である『滝沢演舞城』として初演、昨年には当時デビュー前のSnow Manが主役に大抜擢され『滝沢歌舞伎ZERO』として生まれ変わった。一糸乱れぬ群舞やフライング、殺陣といった高度なアクロバットを取り入れ、究極の和の世界へと誘う舞台。中でも腹筋で体を支えながら太鼓を打つ、通称“腹筋太鼓”は大きな見どころの一つだ。しかし、コロナ禍により公演はやむなく中止となった。だが、舞台と映像を融合させた新しいエンターテインメント映画『滝沢歌舞伎ZERO 2020 The Movie』の制作が決定した。向井康二は「自分を見つめ直す良い舞台なので。今回映画になることで、たくさんの人に見に来てもらえる」と、スクリーンを通して全国に届けられる喜びを前向きに語った。

7月、稽古場には舞台の稽古に励む9人の姿があった。表紙を飾った雑誌は売り切れが続出するなど人気上昇中の目黒蓮は「(メンバーに)久しぶりに会えて、顔を見られた。それだけで嬉しい」と語った。この日は、『滝沢歌舞伎』の人気演目の一つであり、限界まで全身を使い約9分間踊り続ける「組曲」の稽古から始まった。しかし、長い自粛生活を経た体は悲鳴を上げ、更にマスクが呼吸を妨げ、彼らを苦しめる。その後の炎天下の映画ロケも、着物とカツラを着けた彼らには過酷なものだった。さらに、殺陣や腹筋太鼓といった体を張る演目も、映画撮影ではテイクを重ねなければならない。その度に削られていく体力……映画化ならではの試練に直面していた。

そして夏の終わりには、中止になったデビューライブが無観客生配信として10月に行われることが発表された。輝かしいデビューイヤーに立ちはだかった逆境。それを彼らはどう乗り越えたのか?

関連記事(外部サイト)