舘ひろし「石原プロ入りを反対されていた」渡哲也さんへの思いと石原軍団の絆を語る

舘ひろし「石原プロ入りを反対されていた」渡哲也さんへの思いと石原軍団の絆を語る

舘ひろし

舘ひろしが、1月9日に放送される阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS・TBS系、毎週土曜7:30〜)に出演。「石原プロ入りを実は反対されていた」という舘が、故・渡哲也さんへの思いと石原軍団の絆を語る。

大学在学中に結成したオートバイチーム“クールス”を機に俳優の道を歩み始めた舘は、ドラマ『西部警察』に出演後、32歳の時に現在の石原プロモーションに移籍。その後は、人気ドラマ『あぶない刑事』など数多くのドラマや映画に出演。昨年は“旭日小綬章”を受賞するなど、俳優として輝き続けている。

そんな舘は、名古屋の歴史ある旧家の長男として誕生。医師である父のもと、“医師になるものだ”と思って育ったという。しかし、高校卒業後、大学の建築学科に進学した舘は、在学中にオートバイチームを結成。おまけに“役者になりたい”という気持ちは全くなかったにも関わらず、芸能界に進むことに。

舘は「演技は下手でしたし、生意気でしたから。全くやる気がないんです」と振り返り、デビュー当時の意外な秘話を披露。大嫌いだった“映画の撮影”を心の中で“○○”と呼んでいたと明かし、阿川を笑わせる。また、“親方”と慕い続けた渡さんへの思いを告白。実は、渡さんは舘が石原プロに入ることを反対していたと言う。 渡さんが語った“反対”の真意とは?

その石原プロは、昨年、2021年1月を以て58年の歴史に幕を閉じることを発表。舘は「前から決まっていた」と話すと、毎年恒例だった“石原軍団正月ハワイ旅行”や、石原裕次郎さんとの知られざるエピソードなどを披露。「石原プロってね、楽しいんですよ。おもちゃ箱みたいな」と石原プロへの溢れる思いを語る。

関連記事(外部サイト)