ゾンビVS人類!“世界イチ諦めの悪い男”竹内涼真の壮絶サバイバル『君と世界が終わる日に』スタート

ゾンビVS人類!“世界イチ諦めの悪い男”竹内涼真の壮絶サバイバル『君と世界が終わる日に』スタート

記事画像

竹内涼真が出演を務める、日本テレビ×Huluの共同製作ドラマ『君と世界が終わる日に Season1』(日本テレビ系、毎週日曜22:30〜)が、1月17日よりスタートする。

脚本は『アリスの棘』『砂の塔〜知りすぎた隣人』(TBS系)、『真犯人』『絶叫』(WOWOW)、『Wの悲劇』(NHK)など、濃密な人間ドラマに定評のある池田奈津子。演出は『トドメの接吻』『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)などを手掛けた気鋭の演出家・菅原伸太郎が務める。竹内のほか、中条あやみ、笠松将、飯豊まりえ、大谷亮平、笹野高史、マキタスポーツ、安藤玉恵、横溝菜帆、鈴之助、キム・ジェヒョン(N.Flying)らが出演する。

自動車整備工の間宮響(竹内)は、同棲中の恋人・来美(中条)にプロポーズするはずだったその日、幸せを目前にして謎のトンネル崩落事故に巻き込まれてしまう。数日後、命からがら脱出した響の前に現れたのは、夜になると凶暴化し、生き血を求めて人間を襲う恐ろしい“生ける屍”だった。愛する恋人にもう一度会いたい……。化け物に占拠された街で、“世界イチ諦めの悪い男”間宮響の、死と隣り合わせの壮絶なサバイバルが始まる!

現在、『君と世界が終わる日に』見どころ徹底解剖SPと題し、冒頭10分が民放公式テレビポータル「TVer」で先行公開中。また、竹内と中条が見どころについて解説する。

<第1話あらすじ>
その日、すべてが奪われた――。

三浦半島の南端に位置する三浦市。自動車整備工の間宮響(竹内)は人望が厚く、頼りがいのあるまっすぐな男。同棲中の研修医の恋人・来美(中条)にプロポーズするつもりだったその日、響はいつものように職場に向かった。世界が一変してしまうとも知らずに……。

通勤途中、響は謎のトンネル崩落事故に巻き込まれ閉じ込められてしまう。数日後、なんとかトンネルを脱出した響の前に広がっていたのは、不気味に人気のない荒廃した街。そして、ようやく出会えた“その人”が振り返ると、なんとそれは生き血を求めて人間を食らう恐ろしい化け物だった!

“生ける屍”のような化け物たちに、恐怖でおののきながらも必死で逃げる響。街はヤツらに占拠されてしまった。急いで自宅アパートに戻るが、荒らされた部屋から来美の姿は消えていた……。

生存者を探す響は近くの消防署に辿り着く。しかし突然銃口を突きつけられる。銃を構えていたのは、響の同級生で警察官の等々力(笠松)だった。化け物に噛み付かれることで伝染する“謎の感染症”がパンデミックを起こし、避難指示が出ていたという信じられない事実を聞く響。一方の等々力は、響に不穏な目を向ける。二人の過去にはある“しこり”があったのだ。

陸の孤島となった消防署に身を寄せていたのは警察官の等々力とその上司、本郷(大谷)。女子大生・佳奈恵(飯豊)、三原紹子(安藤)と小学生の娘・結月(横溝)の親子、屈強なバイク便ライダー・吾妻(鈴之助)、引っ越しアルバイトの韓国人・ミンジュン(キム・ジェヒョン)とその上司の甲本(マキタスポーツ)。そして、壮年の男性・宇和島(笹野)。

救助に来るはずだった“避難所”とは、昨日から音信不通になっていた。断絶したライフライン、数を増す化け物、生存者の中に広がる恐怖……。極限状態の中、それでも来美が“避難所”にいると信じる響。

そんな中、夜が訪れると、突然、不気味な咆哮が響き渡る。化け物たちの動きは激しくなり、凶暴化。消防署はヤツらに包囲されてしまう。響たち生存者は避難所を目指し、生きるか死ぬかの危険な脱出を決める。

関連記事(外部サイト)

×