下野紘、各話“色々な声で”出演!?「警察用語が沢山あって緊張した」『レッドアイズ』第1話

下野紘、各話“色々な声で”出演!?「警察用語が沢山あって緊張した」『レッドアイズ』第1話

下野紘

亀梨和也(KAT-TUN)が主演を務める『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系、毎週土曜22:00〜)が、1月23日にスタート。このほど、『鬼滅の刃』我妻善逸役などで話題の声優・下野紘が通信指令センターの声で連ドラ初出演することがわかった。

今作は、愛する人の命を奪われた元刑事×天才的な頭脳を持った元犯罪者たちが、国内に500万台あるといわれる監視カメラを駆使した科学捜査によって凶悪な連続殺人鬼に迫る、スリリングなサイバークライムサスペンス。

様々なアニメ作品で大活躍している下野だが、意外にも連ドラで声の出演は初めて。「ドラマ内で声だけの出演っていうのは初めてなので貴重な経験です」としつつ「僕でいいのかな? っていう思いもすごくありましたし、どんな形での出演なのかちゃんと聞いていなかったので『まさかドラマの最中に生で(台詞を)言うのかな?』とかドキドキしながら臨みました(笑)。通信指令センターの声ということで、普段言い慣れない警察用語が沢山あって……緊張しましたね。すごく緊張しました」とコメント。

事件の発生や捜査状況を指令する役どころはアニメでも経験がないとあって、普段とは違う苦労もあった様子で「アニメ(の演技)だとテンションを上げるなどして、感情を込めることができるんですけど、実際のドラマで警察官の方が感情を込めて言葉を発することってあまりないじゃないですか。だからそこを意識すると……ますます緊張するというか(笑)。(台詞の内容を)明瞭にはっきりと伝えないといけないし……気持ちを入れすぎてはいけないし、テンションを上げすぎてもいけないし……どうしよう! と思ってやっぱり緊張はしましたね(笑)。でも、楽しかったです!」と収録後にホッとした様子でチャーミングな笑顔を見せてくれた。

最後に、視聴者の方へのメッセージとして「作品のシリアスな展開を損なわないような形で、通信指令センターの声や、他にも色々な声で出演させていただいておりますので、皆様よろしければ是非見ていただければ嬉しいなと思います」と、劇中でのシークレット出演も明かしてくれた。第1話のみならず、各話で「声の出演」が予定されている下野。果たして、どこで出演しているのだろうか?

<第1話あらすじ>
伏見響介(亀梨)は、婚約者の美保(小野ゆり子)が何者かに殺害されてしまい、犯人探しの際に起こした暴力事件がきっかけで警察を辞め逮捕されてしまう。

出所後は元自衛官で夫を殺した過去を持つ湊川(シシド・カフカ)、犯罪心理学専門の元大学教授で、詐欺罪で逮捕された山崎(木村祐一)、防衛省のサーバーへの不正アクセスで逮捕された天才ハッカーの小牧(SixTONES・松村北斗)らと共に探偵事務所を開設し暮らしていた。

そんな折、伏見の元上司・島原(松下奈緒)から、監視カメラや防犯カメラのデータを最新鋭のシステムを使って解析、捜査に役立てることを目的に設立された「神奈川県警捜査分析センター=KSBC」で「特別捜査官」として働くことを打診される。伏見は山崎、小牧、湊川の配属も希望するが、元犯罪者である伏見たちの参加に情報分析官の長篠(趣里)ら、KSBCスタッフは困惑する。

そんな中、ある女性の連れ去り事件を担当することになる伏見たち。しかもその容疑者は、婚約者を殺した犯人との関係をほのめかす手がかりを得る。

関連記事(外部サイト)