コロナ対策、政治…日本に必要なことは?台湾デジタル担当大臣オードリー・タン独占インタビュー

コロナ対策、政治…日本に必要なことは?台湾デジタル担当大臣オードリー・タン独占インタビュー

記事画像

1月30日の『世界一受けたい授業』(日本テレビ系、毎週土曜19:56〜※この日は、19:00〜)は、「日本に迫る5つの危機!回避スペシャル」と題して、台湾のデジタル担当大臣のオードリー・タン氏への独占インタビューが放送される。新型コロナウイルスの封じ込めに成功した台湾の中心人物として世界的に注目が集まるタン氏。コロナ対策だけでなく、いま日本の政治に求められていることなど、日本が危機を乗り越える方法を提案する特別授業となっている。

同番組は各界のスペシャリストが“目からウロコ”な授業を展開する新型アカデミック・バラエティ。司会を堺正章、くりぃむしちゅー(上田晋也、有田哲平)が務める。ゲストは、佐藤栞里、シシド・カフカ、辻岡義堂(日テレアナウンサー)、仲野太賀、丸山桂里奈。

特別授業では、タン氏が提案した様々な新型コロナウイルス封じ込め対策を紹介。たった3日で開発した「マスクが買える場所が分かるアプリ」制作の裏話や、日本でも問題となった「トイレットペーパーが不足するというデマ」の拡散を防止するために、日本の首相に当たる行政院長自らがお尻を振って「私たちにお尻はひとつしかない」と台湾ユーモアを発信したエピソードなど、驚きつつも納得のユニークな対策は必見の内容となっている。さらに授業では、台湾市民に大人気のタン氏本人の魅力にも迫る。

IQ160の天才で大臣には35歳で就任、来日経験もあり日本アニメも味噌汁も大好きというチャーミングなキャラクターだけでなく、距離が生まれがちな政治家と市民の関係を改善するために「取材やイベントは時間が許す限り受けつけるが、条件としてタン氏が喋った内容は全てインターネットで公開する」という「開かれた政府」を実践する様子についても詳しく紹介する。

この日はほかに、「ももクロと一緒にコロナ太り解消!内臓力UPでダイエット!」も。ダイエットで脂肪を燃やすのに重要なのは、内臓の働きを活発にする内臓力。「ももクロゲッタマン体操」は、内臓が正常に働くために重要な筋肉を鍛えることができる。背中、脚、ウエスト、1日たった5分で気になるパーツ別エクササイズを、GETTAMAN(ゲッタマン)先生とももいろクローバーZの百田夏菜子が伝授。今回は、丸山が、2週間のダイエットに挑戦する。

また、話題の本をドラマ化。新型コロナウイルスの影響でストレスを感じている夫婦は6割以上。離婚相談件数も前年に比べて5割も増えたという。夫婦の会話も減っている今、実話を元に作られた話題の本が「妻が口をきいてくれません」。ある時から妻が口をきいてくれなくなり、3日、2週間と時が過ぎていく……。なぜ妻は口をきいてくれなくなったのか? 原因は思わぬところにあった!? この話題の本を主演えなりかずき、雛形あきこで完全ドラマ化。そして、脳科学者・中野信子先生が脳科学的に夫婦の思いを解説する。

続いて、白石麻衣が登場する。2000年まで年間1人あたりの魚介類消費量が世界1位だった日本。しかし、2017年には、8位にまで転落した。元水産庁の官僚で元漁師という異色の経歴をもつ上田勝彦先生に白石が弟子入り。魚さばきのレベルを、10段階に設定し、「目指せレベル10」という事で白石が長期で「魚さばき」に挑戦。今回はレベル1「アジ」、レベル2「ブリ」、レベル3「イカ」をさばく。

前回の放送では、世界的に有名な建築家・谷尻誠先生が建築に隠されたアイデアを紹介。櫻井翔も驚いた迎賓館赤坂離宮の装飾とは?

関連記事(外部サイト)