工藤阿須加“俊祐”、鬱屈した思いをSNSの裏垢に書き込んでいて…

工藤阿須加“俊祐”、鬱屈した思いをSNSの裏垢に書き込んでいて…

勧(橋爪功)、千華子(富田靖子)、俊祐(工藤阿須加)、萌子美(小芝風花)、伸寛(田辺誠一)

小芝風花が主演を務める土曜ナイトドラマ『モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00〜)の第5話が、2月27日に放送される。

本作は、ぬいぐるみ、石、植物など、感情を持たないとされる物たちの気持ちがわかる能力を持ち、周囲にうまく心を開けない主人公・清水萌子美(小芝)が、さまざまな経験を重ねて成長していくヒューマンドラマ。『救命病棟24時』『僕の生きる道』『フリーター、家を買う』(フジテレビ系)など数々のヒットを手掛けてきた橋部敦子が脚本を担当。小芝とは今作が初のタッグとなる。

先週放送された第4話では、家族間のギクシャクは続くものの、イヤホンを拾った青年(加藤清史郎)との距離が縮まるストーリーが展開された。

<第5話あらすじ>
萌子美(小芝)はイヤホンを拾ったことで言葉を交わすようになった青年(加藤)と再会。公園で花たちと“会話”していたと告げても、当たり前のことのように話を続ける彼に、萌子美の心は安らぐ。さらに青年が愛用する自転車に名前を付けていると知り、萌子美も自分の大切な存在に、トミーと名付けていると打ち明ける。いつかトミーに会わせてほしいと言われ、萌子美はうれしさのあまり、仕事中もついニヤけてしまう。

職場でも萌子美にうれしい出来事が起きる。花屋のリニューアル案をアルバイトの依田涼音(水沢エレナ)が提案。彼女も萌子美が花の気持ちがわかるということに理解を示し、店内のインテリアや仕入れる花を任せてみればいいのではないか、と言ってきたのだ。萌子美の兄で店長の俊祐(工藤阿須加)はこの話を受け入れるが……。

一方、萌子美の家ではケンカをした両親の伸寛(田辺誠一)、千華子(富田靖子)の“冷戦状態”が続いていた。といっても、意固地になっているのは千華子で、家事を一切放棄。料理を作らず、部屋も散らかり放題だった。家庭でも花屋のリニューアルのことが話題となり、伸寛や祖父の須田観(橋爪功)は萌子美を応援。ところが千華子は素直に祝福できず、自分がいかに恵まれていないか愚痴を言い出す。

表向きは両親や妹に心を配る俊祐だが、心の中には怒りや不満が渦巻いていた。俊祐はSNSの“裏垢”に、ネガティブな思いを書き込むことで、なんとか自分を抑えていたのだ。

関連記事(外部サイト)

×