松本人志、悶絶! “球”取られ「ジャッカル!」連呼 渾身ボケにネット「使い方完璧」

松本人志、悶絶! “球”取られ「ジャッカル!」連呼 渾身ボケにネット「使い方完璧」

松本人志

 20日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、日本の快進撃が話題となったラグビーについて特集した。ルールについてダウンタウン・松本人志(56)らが学ぶなか、松本が“らしい”ボケを披露し、番組を盛り上げる一コマがあった。そのやり取りにネットも「最高やな笑」などと盛り上がった。

 番組内で実際にスクラムに挑戦した松本。体勢の説明で、1列目のプレーヤーとして松本が立つと、その後ろにラグビー経験者の出演者が登場。スクラムを組むべく、松本の股間に下から手を入れ、ベルトのあたりをガッチリとつかんだ。

 経験者のあまりの腕力に松本は思わず「痛い!痛い!」と悶絶。そのうえで自身の股間を指さし、「ジャッカル(選手のボールを奪い取るプレー)!ジャッカル!」とアピールし、スタジオを大爆笑させた。指南役として出演した中川家の礼二(47)が「ジャッカルじゃないです(笑)。ちゃんとポジションに就こうとしてるんです」とツッコむと、松本は「(自身の“球を”)取られたよ!取られたよ!」とボケ倒し、共演者の指原莉乃(26)らを笑わせた。

 SNSには「松本人志のジャッカル!まっちゃん最高やな」「ワイドナの松本さんのジャッカルは使い方完璧だったな」「松本のジャッカルは面白かった」など、松本のボケを絶賛するコメントがズラリ。画面には一瞬、意味を理解して恥ずかしそうに笑う指原が映し出され、ツイッターには「松本さんの『ジャッカル!ジャッカル!』からの指原さんの笑っているところを映すことで1トライ1ゴール感あるな」という投稿も見られた。

 コメンテーターの乙武洋匡(43)も松本のボケを称賛。番組のエンディングで感想を聞かれ、「この仕事しててホントよかったなぁって思ったのは、松本さんがここで股間ガシッてつかまれて『ジャッカル!ジャッカル!』って言ったのを特等席で見れたので!」と力を込め、番組を盛り上げた。

関連記事(外部サイト)