「耳をすませば」実写映画化に期待と不安 「高橋一生が見たかった」「カントリーロードは?」

『耳をすませば』清野菜名と松坂桃李W主演で実写化 高橋一生がよかったという声も

記事まとめ

  • スタジオジブリのアニメ『耳をすませば』が、清野菜名と松坂桃李のダブル主演で実写化
  • 10年後を描いたオリジナルストーリーが加わるそうで、ファンの間では期待と不安の声
  • ツイッターでは、「高橋一生を起用してほしかった」という声が多く、トレンド入りも

「耳をすませば」実写映画化に期待と不安 「高橋一生が見たかった」「カントリーロードは?」

「耳をすませば」実写映画化に期待と不安 「高橋一生が見たかった」「カントリーロードは?」

清野菜名(左)と松坂桃李

 スタジオジブリ制作のアニメ映画で知られる「耳をすませば」が、女優・清野菜名と俳優・松坂桃李のダブル主演で実写映画化されることが14日、分かった。監督はテレビドラマ「集団左遷!!」「義母と娘のブルース」(ともにTBS系)などで演出を務めた平川雄一朗氏で、公開予定日は9月18日。今も人気の高い青春物語に、10年後を描いたオリジナルストーリーが加わるという。ファンの間では期待と不安が交錯しているようだ。

 原作は柊あおいの同名の漫画作品。スタジオジブリ制作のアニメ映画(近藤喜文監督)が1995年に公開され、夢を追う中学生、月島雫と天沢聖司をめぐるさわやかな物語が共感を集めた。実写映画ではオリジナルストーリーとして、24歳になり小説家の夢をあきらめた雫(清野)と、夢を追い続けて海外で暮らす聖司(松坂)が描かれるという。

 ツイッターでは、漫画とアニメ映画のファンらが「カントリーロードを唄うシーンはどうなるのかな?」「あれはあそこで終わるから良いのに」「観たいような…観たくないような…」などと投稿。聖司役に、アニメ映画で声優を務めた俳優の高橋一生を起用してほしかったという声も多く、「松坂桃李も良いけどそこは高橋一生が見たかったよなああ!!!」「すみません、高橋一生がやるかと思ってました」「高橋一生にはカメオで良いから出てほしい」などのつぶやきが相次ぎ、「高橋一生」がツイッターのトレンド入りを果たした。

 また、95年の劇場アニメ映画公開当時に同時上映された、人気デュオCHAGE & ASKAの短編プロモーションムービー「On Your Mark」(宮崎駿監督)のアニメも一緒に実写化してはどうかというシブい意見もあった。

関連記事(外部サイト)