二宮和也と「一般女性」で思い出す、木村拓哉も結婚会見で相手の名前を言えなかった過去

二宮和也と「一般女性」で思い出す、木村拓哉も結婚会見で相手の名前を言えなかった過去

記事画像

 11月12日、嵐の二宮和也さんが「かねてよりお付き合いしてきた一般女性」との結婚を発表しました。ファンの反応は否定的なものも多く、TwitterのハッシュタグやWikipedia は大荒れ。もちろん二宮さんのファンだけではなく、お祭り騒ぎに便乗したいネットユーザーが荒らしている側面もあるでしょうが……。

 なぜ結婚相手の女性が元フリーアナウンサーにもかかわらず「一般女性」表記で報じられているのか、詳しくはこちらの記事を見ていただくとして、業界内の動きを観察していたアツのレポートをお届けします。19年前の木村拓哉さんの結婚発表時の囲み取材や、『news every.』の現場を疲弊させたニノファンのクレーム……てんこ盛りでどうぞ。

――――

 皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

 あ〜、ついに嵐の二宮和也くんがご結婚!? アツが第一報を耳にしたのは、友達とぺちゃくちゃおしゃべりしながら帰宅中のこと。ヤケにLINEが入るし、電話は鳴るしで「何事?」と思ってLINEを見てみたら、まさかの「ニノ、結婚するってよ!」のお知らせがっ。最初は目を疑って二度見しちゃったぐらい。

 そりゃあ予兆は十分にあったし、おめでたいことだから祝福しかないんだけど、お相手が誰の目にも明らかなのに「38歳の元フリーアナウンサー」という曖昧なものだったから、ちょっとモヤモヤしちゃったわよね。

 早速、渦中のスポーツ紙デスクに連絡してみると「23時解禁だからドタバタしてる。寝る前に知るであろうファンの阿鼻叫喚が聞こえてきそうで怖いよ。荒れるだろうな」と、原稿執筆中の皆さんも心中複雑だった様子。突然のWご報告Wだし「そりゃみんな驚いちゃうよね〜」等と話しつつも忙しそうだし、早々に電話を切って解禁を待つことに。

 さていよいよの解禁時間、各新聞社のWeb記事をチェックしながら『news zero』(日本テレビ系)を見ていたら冒頭からいち早くお知らせしていて、さすがゼ〜ロ〜♪? 発表日の11月12日は火曜日だったから、月曜担当の櫻井翔キャスターは不在。その辺りもちゃ〜んと計算し尽くした発表だったんだろうな。

 余談だけど小川彩佳さんがメインキャスターを務める『NEWS23』(TBS系)では冒頭スルー。小川キャスターの口から「嵐の〜」と発するにはいろいろリスクもあるだろうし、賢明な判断だったのかもしれないわよね。

 で、Web記事やテレビを見ていてもどこにも新婦のお名前はナシ。あれれれ〜と思って再びスポーツ紙デスクに聞いてみると「お相手はあくまでW一般女性Wだからってさ」とのことで、実名報道は一切ダメとのお達しだったそう。新婦を守りたいニノちゃんの気持ちも分かるし全然いいんだけど、「かねてよりお付き合いをさせていただいている方」と「一人の男としてケジメをつける」ために結婚したのに、お名前を公表しないって……。 世紀のケジメ婚をした二宮和也はカッコイイのに、そこ隠すとこ?

? まぁいろんな事情があるんだろうけど、何か釈然としなくて、アツの周りでも「男らしさが半減しちゃう感じ。隠されると知りたくなる心理が分からないでもあるまいに。ファンの人たちはこのままずっと心ザワザワしちゃうんじゃないの?? こんなモヤモヤ婚でよかったのかしら?」とかなり不評。おめでたいことなのに、何だかなぁな結婚報道になってしまった感は否めなくて、ちょっぴり残念よ。



木村拓哉の結婚会見でも相手の名前は言えず

 ファンの皆さんは案の定、大荒れ。発表直後から号泣の「ニノロス」が始まり「深夜のニノテロ」で「もう仕事なんてやってらんない。会社、休む」だ「山に篭もる」だと大騒ぎ。分かるわぁ、アツたち世代はW木村拓哉さんの結婚Wという大きな大きな試練を乗り越えて来た身だから、とてもじゃないけど他人事とは思えないし。

 さいたまスーパーアリーナで行われた木村さんの結婚会見のとき、アツはカメラマンの後輩男子に支えてもらってやっと立っていられたぐらい衝撃だったの。あ、そう言えば木村さんの結婚会見でも、結婚相手のお名前は言わなかったような気がするわ。

 何せ気が遠くなりながら出席していたから記憶が曖昧で恐縮なんだけど、頑なにお相手の名前を言わない木村さんに対し、井上公造さんが意を決して「お相手は工藤静香さんでいいんですよね?」と確認したら、ただうなずいて。でもその後で、木村さんは「逆に誰がいるんですか?」と言ったのよ。

 どうやらこのときも、ジャニーズ事務所から「本人の口からは相手の名前は出さない」との極秘指令が出ていたようなんだけど、そこは天下の木村拓哉さん。彼なりの最大限のサービスでこんなリアクションを返してきてくれて、一躍株を上げたのよね。

 今回のニノ結婚を受けて、木村さんの会見にも一緒に行った長い付き合いのWいつメンWたちと「ニノの結婚報告を見て、これってデジャブ?? って思っちゃったわよ。木村くんの時と同じことが20年経ってもまだ繰り返されていて。こんな時代になっても、トップアイドルの結婚はやっぱり諸手を挙げて賛成〜!? とはいかないものなのね」としみじみ語り合っちゃったわ。

 ニノちゃんは映画で共演してから木村さんにいろいろ相談していたみたいだけど、境遇も似ているし、木村さんは親身になってアドバイスをしていたんだろうな。奇しくも発表翌日の11月13日は木村さんの47歳のお誕生日。何というタイミングだこと!? 13日に敬愛する木村先輩をお祝いするかのようにニノが紙面を飾っちゃって。やっぱり国民的スーパーアイドルはやることが違うわよね。

『news? every.』に殺到したクレーム

 とはいえ、この結婚のタイミングを「絶妙」と見る人と、「何という最悪のタイミングだ!」と受け取る人、キッパリ二つに分かれているのも事実で。業界内でもそうなの。というのも、先日の11月3日は嵐のCDデビュー20周年の記念日で、その日に会見を開くと聞いて、マスコミは「すわ、結婚か?」と慌て出し事前準備を進めていたのよ。それが蓋を開けてみたらデジタル解禁やアジア4都市ツアー等の今後の活動報告、新国立競技場で2020年5月15日〜16日にコンサートを開催するとか、さらに春には北京でのコンサートも予定しています! というお仕事に関してのリリースのみで、凄いことなんだけど取材陣からは正直「え〜っ、何だか肩透かし」という声が聞こえていたの。

 その後の11月10日には天皇陛下の即位を祝う『国民祭典』の第2部で嵐が斉唱するという偉業を成し遂げて、雅子皇后さまが涙ぐまれる一幕もあってジーンと感動。それからアジア4都市を巡る弾丸プロモーションへと旅立って行って、その模様は早速SNSで流されて「あー、嵐がまた身近になった」と安心した矢先の電撃発表だったからね。「うわ、やられた。ぬか喜びだったか。うっかり気ィ抜いてたよ〜」の声が上がってマスコミ業界は大慌て。

 まぁね、いつ聞いたとしても激震は走っただろうけど、ファンの皆さんも「えっ、まさかこのタイミングで?」とビックリされたと思うの。ま、お二人にとっては熟考した末の決断で発表だったんだと思うけど……。

 ファンの阿鼻叫喚、TwitterやWikipediaの荒れ具合もひどいでしょ。それで今さらだけど『news? every.』のスタッフが言ってたことを思い出したわ。彼女の最後の9カ月は本当に大変だったんですって。「視聴者から番組へのクレームがひっきりなしで彼女自身もスタッフも本当に参っちゃってね。結局、彼女の降板が決まったんだけど、スタッフは言葉がなかった」そうなの。

 実はアツも彼女をインタビューしたことがあるんだけど、美人なのは見ての通りだけど、何しろ声がよくて。画面を通した声よりも生の声は聞き心地が格別なのよ。あるスタッフによると、「芯のしっかりした人だよ。お付き合いを始めた当初から結婚を考えていて、披露宴の司会者を誰に頼もうか相談されていた共演者も多かったしね。長い時間をかけて着々と準備と努力を重ねてきたからこその結婚だったんだと思う」とのこと。しっかり者だったのね〜。

 天下のニノと結婚するんだもの、彼女には想像を絶する程の紆余曲折と苦労もあっただろうし、ニノもそんな彼女をとことん守ろうとしてるんだと思うの。CMじゃないけどニノの「受けて立つ!」姿勢が見て取れて、アツは素直に「おめでとう」が言えちゃうんだけど、ファンの皆さんはいかがかしら?? まだ受け入れるまでにはかなりの時間がかかっちゃうかもしれないわね。

 マスコミ連中は「北海道コンサートの前にあえて発表した潔さも評価できるし、別れずに責任を取って5年愛を成就させたのも凄いことだから願わくばWおめでとうWコールが起きることを願う」って言ってたけど、どうだったのかしら。ニノは結婚したけど、2020年12月31日の活動休止まで仕事面では「全力で走り切る!」と宣言している嵐だもの、こちらも全力で応援しないとね。何はともあれ、ニノちゃん、ご結婚おめでとうございます。どうぞ末永くお幸せに!

関連記事(外部サイト)