女性と社会構造をめぐる問題は、「反抗する女性vs従順な女性」の対立にすり替えられてきた

女性と社会構造をめぐる問題は、「反抗する女性vs従順な女性」の対立にすり替えられてきた

「Getty Images」より

 突然ですが、私のルーツは劇場にあります。

 フェミニズム・ライターとして活動している私ですが、元々は演劇畑の人間です。中学生のころに観劇の楽しさに目覚め、高校演劇、ミュージカル、アングラ演劇、舞踊などの様々な舞台に演者として立ってきました。残念ながら表舞台に立つ才能にはイマイチ恵まれなかったため、早々に見切りをつけて大学では演劇評論に専攻の舵を切り、卒論では小劇場演劇の中で「少女」という存在がどのように扱われていたかの遍歴をまとめました。

 いきなり自分語りですみません。そんなわけで私の生活には「劇場」や「演劇」が常に身近にあり、ごく日常的に観劇に出かけているということを説明したかったのです。今回は先日観た、あるミュージカルのお話をしたいと思います。

 「ファクトリーガールズ」。その公演の情報は、上演の半年ほど前から耳に入っていました。元宝塚男役トップの柚希礼音とソニンのダブル主演で、どうやら女性キャストが多く出る群像劇らしい。そう知ったときは正直「ふーん」程度で、積極的に観ようとは思っていませんでした。良さそうだな、とは思ったのですが。

 東京公演が始まってすぐ、複数の友人から「ファクトリーガールズ」を猛烈に推す声が届きました。フェミニストの友人が「絶対に観て!」と言うので慌てて大阪公演のチケットを取りました。驚いたことに、普段はミソジニー男性の価値観を内面化しているような発言の目立つ友人も「ファクトリーガールズめちゃめちゃ泣いた」と言っていて、これは何かただごとではないことが起きている、と感じたのです。

 ツイッターで東京公演の感想を検索し(ネタバレを踏まないよう用心しつつ)、期待値を高めて大阪の梅田芸術劇場メインホールで「ファクトリーガールズ」を観劇しました。友人たちの警告を受けてアイメイクは薄め、あらかじめ手にはハンドタオルを握りしめておきました。

 ここで「ファクトリーガールズ」のあらすじを紹介しておきます。

 舞台は19世紀半ばのアメリカ・ローウェル。産業革命により大規模な紡績工場が増えたローウェルでは、新しい働き手として多くの先進的な女性が工場で労働していました。主人公・サラは望まない結婚を退けるため、そして経済的に困窮している実家を助けるためにローウェルへ。そこで、工場で働く女性たちによる寄稿集「ローウェル・オウファリング」の編集を仕事にしている聡明な女性、ハリエットと出会い、自らも文章を書く才能を見出されていきます。

 工場で働くにつれて労働環境の劣悪さや労働時間の異常な長さ、賃金の低さに疑問を持つようになったサラは、環境改善を求めて女性の労働運動に身を投じていくことになります。「女性の健やかな社会進出」という志は同じでありながらアプローチの違いや工場の経営陣である男性からの外圧によって、友情で結ばれていたサラとハリエットは対立させられていき……といった内容です。

 観劇後、私は涙を吸って若干重たくなったハンドタオルを手に呆然と劇場を後にしました。薄めにしてきたはずのアイメイクもほとんど流れ、泣きすぎて頭痛さえするほどでした。女性の労働問題を真正面から扱った今作が、まずテーマの時点で私に深く刺さったのは言うまでもありません。作中の舞台こそ19世紀アメリカですが、描写の端々には21世紀の日本に生きる私にも身に覚えのあることが山のように織り込まれていました。

令和の日本と共通する19世紀の「女性の労働問題」

 長年ミュージカルを観てきましたが「女の集団」をメインに据えたミュージカルを観るのが初めてであることに、幕が開いてすぐ気づきました。私が今までに観てきた商業ミュージカルはだいたい人気俳優がメインを張り、その相手役ポジションの女優がいて、二人の恋愛模様が軸になっているものがほとんどでした。「群衆」にフォーカスされる場面であってもメインは男性で、女性も「混ざっている」程度であることが多かったです。

 ミュージカルで「女の集団」が真ん中にいる場面といえば、例えばある男性キャラクターがいかに魅力的であるかを示すために女たちがきゃぴきゃぴと噂話をしているとか、あとは場面が娼館であることを表すための娼婦たちのナンバーであったり、「革命モノ」によく見られる母親たちが貧困を訴える場面だとか、そういうものに大きく分類できると思います。

 そのどれでもない、ただ女たちが女の集団として生活しているという表現を目の当たりにして、衝撃を受けました。当たり前の表現のはずなのに、驚いている自分がいかに凝り固まった「表現の中の女像」を持っていたかということに気づきました。

 さらに、一幕にあるサラとハリエットが互いに出会えたことや友情の喜びを歌うナンバーが、ミュージカルの文法に則るとどう考えても男女のロマンスの始まりで歌われる曲と表現であることもすごくよかったです。その直後にあるハリエットと男性のロマンス描写(男性からハリエットへの、同意のない突然のキス)は観客に違和感を与え、ともすれば不快感さえ覚える作りになっていました。ヘテロラブこそが王道であるミュージカル表現の「当たり前」を逆手に取って、観客に小さな違和感を与えていたように思います。

 女性の労働問題を真正面から扱った今作には、移民が女性よりも更に低賃金で働かされていることを示す描写もあり、現代日本の孕む問題が否応なく頭をよぎります。また、工場で働く女たちが労働環境の改善を求めて不満の声をあげる場面では同じ工場で働く男たちが「俺たちだって同じ条件で働かされていてつらいのに、女だからって文句を言うな」と抑圧し、暴力で女たちをねじ伏せようとする場面では、「これTwitterで毎日くらい見るやつ」と思いました。#Kutooに対するクソリプとか、最近なら献血ポスターの件なんかでもよく見ますよね。サラに「不満があるなら自分たちも声を上げればいい」と言われているところまで含めて、既視感がすごかったです。19世紀から何も変わっていないのか。

 世間に対して「女性に優しい企業」とアピールするためにハリエットを「働く女性代表」に祭り上げて広告塔として利用しながらも、現場では女たちを抑圧し「反抗すれば働く場を奪う」「いくらでも代わりはいる」と脅す工場の経営陣の姿勢も、つい昨日くらいにもSNSで見かけたような気がします。

 本当は「社会の構造を作っている男 VS 搾取される女」が対立しているはずなのに、いつの間にか当事者であるはずの男が「社会に反抗する女 VS 反抗しない従順な女」の対立にすり替えて、女同士を争わせようとするところも、同様です。「ファクトリーガールズ」では、対立させられたサラとハリエットが最後には和解し、それぞれの志を胸に別の道を選ぶという結末を迎えることで「女の敵は女」という言説がまやかしであることが伝えられていたので安心しました。

 というわけで、「あるある……」と涙を流し、キャストの名演に拍手喝采の「ファクトリーガールズ」でしたが、いくつか「これはいただけない」というところもありました。

「女性だけでなく、男性にも等しくあるつらさ」という性差別の矮小化

 ひとつは、工場で働く女たちが労働環境の改善を求めてストライキを行うクライマックスのシーンで繰り返し歌われていた「奴隷じゃないわ 娼婦でもない」という歌詞。

 作中には、経済的に困窮しているためにセックスワークを選ばざるを得ないというキャラクターも登場するのに(しかも同じ工場で働く「仲間」として)、「娼婦でもない」と歌うのは優しくないというか、新たな断絶を生んでしまう表現だと思いました。作中には性的虐待を含む虐待サバイバーであるキャラクターが複数登場しますが、その過去が他人によるアウティングによって紹介されてしまうのはどうにも迂闊な感じが否めません。

 私が感じた「どうにも迂闊な感じ」は、劇場で売られていた公演パンフレットに掲載されていた演出家と音楽監督による座談会で答え合わせができました。編集された言葉を私が読んだ感想にすぎませんが、制作陣の意識が作品の示しているところまで追い付いていない印象を受けたのです。

 座談会の中で演出家は、<企業と現場の感情で板挟みになるハリエットはとても日本人的なキャラクター。ハリエットに投影しているのは女性ではなく、男性も含む日本のサラリーマンである>と語ったうえで、<女性の話だから女性が書く、演出するって話になること自体が、それ既に性差別だよっていう冷静なツッコミを入れたくなりますよね(笑)>(「ファクトリーガールズ」公演パンフレットより、演出の板垣恭一氏の発言を抜粋)と発言しています。

 女性の抱える生きづらさや問題を「女性だけでなく、男性にも等しくあるものだ」と矮小化するのはよくある手口ですし、「それ既に性差別だよっていう」のは決して「冷静なツッコミ」などではなく盛大な勘違いだと思います。この文章を読んで私は脱力すると共に、女性の(かつフェミニズムを深く理解する)演出家の手によってもっと丁寧に織り上げられた「ファクトリーガールズ」が観たいなと強く思いました。

 女性差別についての意識でいえば、この後に掲載されている女性キャストたちによるトークの方がずっと有意義で、若いキャストがきちんと女性差別について考え、発言できていることに確かな希望を感じます。

 とはいえ、女性の労働運動をテーマにしたミュージカルが大きな劇場で(短期間とはいえ)上演されたことには大きな意味があると思います。再演を重ねてブラッシュアップし、いずれは定番作品となって何度でも問題提起をしていってほしいと強く思いました。

関連記事(外部サイト)