V6坂本昌行の恋愛発覚にファンは祝福コメント続々、アイドルとファンの理想的な関係

V6坂本昌行の恋愛発覚にファンは祝福コメント続々、アイドルとファンの理想的な関係

記事画像

 ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ、V6のリーダーである坂本昌行と元宝塚男役トップスターで現在は女優の朝海ひかるとの真剣交際を、12月3日発売の「女性自身」(光文社)が伝えた。双方のファンが祝福ムードに湧いている。

 記事によると、坂本と朝海の出会いは昨年11月に上演したミュージカル『TOP HAT』での共演。『TOP HAT』はイギリスの作品で、同作を日本で初めて上演したのは宝塚歌劇団だった。稽古場では坂本が宝塚のトップダンサーだった朝海にアドバイスを求めることも多く、ふたりは意気投合、交際に発展したのだという関係者のコメントが掲載されている。

 朝海ひかるは91年に宝塚歌劇団に入団。2002年には雪組の男役トップスターに就任し、06年に退団した。その後は舞台を中心に活躍しており、筆者も一度、彼女の出演する舞台を観劇したことがある。登場するだけでパっと舞台が華やぐので、「さすが、元宝塚トップスター!」と感心した。

 一方のV6坂本昌行も、ジャニーズ事務所のアイドルの中では押しも押されぬミュージカルスターと言って良いポジション。これまで恋愛話は何度か浮上し、元モーニング娘。の中澤裕子との交際や、女優の大塚千弘との交際については、本人もこれを認めていた。彼女たちはすでに別の男性と結婚している。

 ジャニーズ事務所は、恋愛は自由だが結婚には厳しいとされてきた。長い間、「ひとつのグループで、既婚者はひとりのみ」というルールがあると、まことしやかに囁かれていた。坂本もかつて恋人との将来を考え、しかしストップをかけられたことがあったのかもしれない。だが、いつしかV6はメンバー6人中4人が既婚者だ。独身は三宅健と坂本のみで、ともに40代。ちなみに井ノ原快彦の妻は瀬戸朝香、森田剛の妻は宮沢りえで、岡田准一の妻は宮崎あおい、そして長野博の妻は白石美帆である。

 宮沢りえは交際中から森田のファンによる多少のバッシングがあり(それを受けて彼女はInstagramを止めている)、宮崎と岡田の結婚発表も阿鼻叫喚だった。だが坂本と朝海のカップルには、祝福の声が多い。年齢も年齢だからなのか、成熟した大人同士のカップルとして好意的に受け止めるファンたちが微笑ましい。

 坂本と朝海の恋愛を知らせるネット記事には多くのコメントがつき、その多くは今回の恋愛を応援するもの。中でも筆者が感激したのは<私たちは坂本さんからもう充分幸せをもらいました。今度は坂本さんが幸せになってください。V6のファンはやめません>というものだ。こんな温かい言葉をかけられるだなんて、坂本もどんなに嬉しいことだろうか。アイドル冥利に尽きるだろう。ファンとアイドルの理想的な関係といえる。

 そうそう、コメントの中には<同じリーダーでも、こちらは落ち着いた大人の女性を選んでいて好感があります>と、先日24歳年下のグラビアアイドルと結婚したTOKIOのリーダー城島茂の結婚と比較するものも多く印象的だ。城島の結婚も大いに祝福されてはいたが、若すぎる女性と価値観が合うアラフィフ男性、というところに否定的な視線を送る人もいなくはなかったのである。

 「結婚ダメ」「恋愛ダメ」ルールは人権侵害だし、芸能界の不合理な理屈にうんざりしたタレントたちは「ジャニーズ事務所の後ろ盾がなくなってもいい」と果敢に事務所を飛び立つようになった。赤西仁のように事務所を出ても成功する例も出てきており、渋谷すばるや錦戸亮もソロプロジェクトを立ち上げ積極的に活動している。令和という新しい時代に、アイドル事情はこれまでと大きく変わろうとしている。

関連記事(外部サイト)