滝沢秀明の特別扱いに批判殺到、Snow Man未成年飲酒合コンでも処分ナシ?

滝沢秀明の特別扱いに批判殺到、Snow Man未成年飲酒合コンでも処分ナシ?

記事画像

 今年1月にデビューしたばかりのジャニーズ新星グループ「Snow Man」(スノーマン)の岩本照(ひかる)が、未成年と飲酒ラブホ合コンをしていたことを27日発売の「FRIDAY」(講談社)が報じ、ファンの失望が広がっている。

?ラブホ合コンに参加した元アイドルの女性によれば、宴が行われたのは2017年11月のこと。女友達から呼び出された女性が深夜1時に渋谷のラブホテルに向ったところと、ワンフロア5部屋が貸し切りになっており、パーティールームでは岩本を含む5人の男性が待っていたという。

 参加した5名の女性の中には未成年も数名おり、男性陣に「未成年です」と伝えたが、岩本は「あ、そうなんだ」と気にも留めなかったという。酒盛りは続き、女性は場を盛り下げたら悪いと飲酒に及んだそうだ。

 グループのリーダーである岩本の蛮行にファンは落胆。Snow Manの“速攻解散"もあり得るのでは、と戦々恐々の声も上がっている。

 だが未成年と飲酒した様子を音声付きで報じられたNEWSの小山慶一郎と加藤シゲアキは、小山は活動謹慎、加藤は謝罪で済んでいる。NEWSの活動は何事もなかったかのように現在も続いている。

 遡ること2005年にはNEWSと関ジャニ∞の元メンバーで当時未成年だった内博貴が飲酒で補導され、グループを脱退。しかし解雇には至らず、内は現在もジャニーズ所属で舞台をメインに活躍中だ。

 また昨年、ジャニーズJr.内ユニット「HiHi Jets」(ハイハイジェッツ)の橋本涼、作間龍斗のプライベート“ベッド写真”がネットに流出した件では、流出元の女性がインスタグラムのライブ配信で詳細を暴露したことで、未成年飲酒疑惑も浮上した。事務所の聞き取り調査の結果、橋本と作間は写真を自分と認めて謝罪。二人は数カ月間の自粛処分を経て、現在は活動を再開している。

 一方で、昨年にはジャニーズJr.内ユニット「7MEN侍」(セブンメンさむらい)メンバーの五十嵐玲央にも飲酒・喫煙動画が流出。事務所から正式なアナウンスはないまま解雇されたと見られている。

 このように「タレント本人が未成年で飲酒」「成人タレントが未成年と飲酒」という違いはあるものの、処分内容にはバラつきがあり、その基準は明瞭とはいえない。タレントの人気や将来性を考慮しての個別の判断ということなのだろうが、ではSnow Man岩本のケースを、ジャニーズ事務所はどう扱うのだろうか。

 岩本のスキャンダルは「デビュー前」であり、かつ「3年前」の出来事であるため、ジャニーズ事務所が何も対応せずスルーする可能性は高いと言えるだろう。これまでも、すでにデビューしている面々の悪質なスキャンダルをいくつもジャニーズ事務所は受け流してきた。

 また、ジャニーズ事務所副社長に就任した滝沢秀明氏は、自身の舞台「滝沢歌舞伎」にJr.時代から出演してきたSnow Manを目にかけており、彼らを「売れない」と言い切る故・ジャニー喜多川氏にデビューを何度となく申し入れ、デビューを決めた経緯があったという。

 他グループのファンからは、滝沢氏によるSnow Manの「特別扱い」が批判されており、滝沢氏の"お気に入り"を皮肉って「タキニ」と呼ばれることもある。

 新たなグループのデビューには大勢のスタッフが関わり、すでに多額の投資もしている。冠番組も決定しているSnow Manだけに、今回の報道に滝沢氏は頭を抱えているだろう。

関連記事(外部サイト)