手越祐也、ジャニーズ退所も? 滝沢副社長「もう要らない」

手越祐也、ジャニーズ退所も? 滝沢副社長「もう要らない」

記事画像

 相次ぐNEWS手越祐也のスキャンダル報道に、ついにジャニーズ事務所も向き合わざるを得なくなったようだ。場合によっては退所の可能性も出てきている。

 手越は新型コロナウイルス感染拡大の影響で全国的に外出自粛が呼びかけられた今年のゴールデンウィーク、複数の女性と飲み会を開いていたことが「週刊文春」(文藝春秋)2020年5月21日号で明らかに。

 報道についてジャニーズ事務所側が手越に事実確認したところ、手越は「掲載内容の相違はあれど、女性を伴う外出の事実を認め」たという。これを受け、ジャニーズタレント総勢76名による期間限定ユニット「Twenty★Twenty」への手越の参加は見合わせになった。

 ジャニーズ事務所は「Johnny’s Smile Up ! Project」として、新型コロナウイルス感染拡大防止の支援に取り組んでいる。医療機関へのマスク・防護服寄付など、積極的な社会貢献活動をするとともに、それぞれのタレントたちが「家にいよう」とファンへ呼びかけている。

 YouTubeの公式チャンネルでも、所属タレントたちが手洗いやダンス、家事などを披露。CDデビュー組の多くが参加する期間限定ユニット「Twenty★Twenty」も支援活動の一環であり、Mr.Childrenの櫻井和寿が作詞・作曲を手掛けたチャリティーソング「smile」を歌うことが発表されたばかりだった。

 未成年女性との飲酒など、手越はこれまで何度もトラブルを報じられてきたが、謝罪も活動自粛もなかった。しかし緊急事態宣言下でも変わらぬ軽率な行動は、ジャニーズ事務所もさすがに看過できないと判断したようだ。

 手越が「こんな時だからこそ明るく楽しく」と三密状態の宴を催した一方、ある先輩は「なぜステイホームなのか」を真摯に説いていた。KinKi Kidsの堂本光一だ。

 堂本光一の主演舞台『Endless SHOCK』は、今年2月4日〜3月31日に東京・帝国劇場で上演予定だったが、イベント自粛要請を受け休演。「日経エンタテインメント!」(日経BP)2020年5月号の光一のエッセイによると、一度は3月20日からの上演再開が可能と見られたものの、光一は全公演休止を選んだそうだ。3月22日には、公式Instagramにて『Endless SHOCK』全編を生配信し好評を博した。

 堂本光一は、今月11日深夜放送の『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)で、『Endless SHOCK』休演について触れた。『Endless SHOCK』の休演について、ミュージカル俳優・井上芳雄と話す機会があったという。

 井上に「もしも自分が(新型コロナウイルスを)もらってしまって、自分が稽古場に行った時にほかの出演者に感染させることを考えると、観に行くこともできない」と言われた光一は、「確かにそうだな」と腑に落ちた。

<世の中さ、いまだに外出自粛とか色々ある中で「ウェーイ!」とやっている人、ニュースでたまにいるじゃない。うつされてしまう人がいるってことを、なぜ考えないのか>
<マスクも、人から「もらわない」はもちろんかもしれないけど、何より、「人にうつさないこと」を考えてのマスクだと思うんですよね>
<何をどうやって予防するかというのは、「自分がどうこう」も大事だけど、「人にうつさない」「人に危害を与えないこと」っていうのを、まず一番に考えて行動できるようになると、絶対あんなことしないと思うんですけどね>

 今さらではあるが、堂本光一の言葉を手越も噛み締めているだろうか。

 NEWSも、今年予定していた全国ツアーが軒並み中止となり、振替公演もなくなった。まだ開催中止か否かのアナウンスがない6月のドーム公演(大阪、東京、愛知)も、どうなるかはわからない。

手越祐也は「Twenty★Twenty」の参加こそ見合わせるが、活動自粛や謹慎の報告はない。ジャニーズ事務所内では手越の今後の処遇について、意見が分かれているようだ。

「手越くんは何度スキャンダルを起こしても懲りないんですよね。今まで何のお咎めもないのは、メリー会長とジュリー社長、それに東山紀之さんなど事務所の重鎮たちはこぞって手越を寵愛しているから。
ただ滝沢秀明副社長は事務所内の規律を正そうとしている。このままでは頑張っている後輩たちに示しがつかないですし、『手越はもう要らない』と言っています。事務所内で、どう折り合いをつけるかですね……」(事務所関係者)

 どうやら手越はジャニーズ屈指の愛されキャラのようだが、やはり今回も「ほぼ」お咎めなしなのだろうか。

関連記事(外部サイト)