ドラマ『M』姫野礼香のスピンオフ、アユとマサの細かいインスタ芸が話題

ドラマ『M』姫野礼香のスピンオフ、アユとマサの細かいインスタ芸が話題

『M 愛すべき人がいて』公式サイトより

 ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の放送が今月13日から再開される。今回放送されるのは第4話。ついにアユ(安斉かれん)が、マサ(三浦翔平)に「好きです」と告白をするものの、マサの秘書で彼を愛する姫野礼香(田中みな実)が暴走を始める……という1秒も目が離せない展開だ。

 週刊誌「FLASH」(光文社)が伝えたところによれば、新型コロナウイルスの影響で撮影を中断せざるを得なかったものの、話数を減らす予定はなく、タイトスケジュールで収録を進めているという『M』。しかも、田中みな実が演じる姫野礼香のキャラが絶大な人気を得たことから、スピンオフドラマ『L 礼香の真実』も急遽企画され、abemaTVで配信予定だそうだ。

 ドラマ『M』は礼香を始めとした個性的なキャラクターが人気の火付け役となったが、アユとマサのInstagramアカウントも話題になっている。インスタを見ることで、そのキャラクター性をもっと堪能できるからだ。

 どちらのアカウントも、あくまでも「アユ」と「マサ」が更新している設定。そのため、アユのInstagramには<いつもアユの背中をおしてくれる、大好きなおばあちゃんとして>市毛良枝が登場したり、アユが上京した当時の投稿にはガラケーが写っていたりと、非常に芸が細かい。

 マサのアカウントは俺様気質が全開で、プロフィール文には「俺の人生録」と記されている。マサはアユの才能を確信しており、アユの写真と共に<こいつはアーティストになるべき人物だ。再確認><アユの目力ってやっぱ他のやつとは全然違うんだよね>といった文章が綴られている。

 また、マサは礼香の写真もちょくちょく投稿しており、<朝起きたら、礼香から送られてきた・・。>との文章と共に、真顔の礼香の写真をアップするなど、ファンとしてはフォロー必須のアカウント。原作通りの展開であればこれからアユとマサは恋仲に発展するが、双方のInstagramがどう変化していくのかも注目だ。

エイベックスは安斉かれんを猛プッシュ

 エイベックスはアユを演じる安斉かれんのプロモーションにも力を入れている。今月10日、タワーレコードでは安斉の8cmシングル第4弾『FAKE NEWS REVOLUTION』を無料で配布した。

 安斉は90年代のエイベックスを代表するアーティストたちのヒット曲を、エイベックスの若手アーティストがカバーしたアルバム『avex revival trax』にも参加するなど、活動の場を広げている。ちなみに、『avex revival trax』で安斉がカバーしているアーティストはなぜかm-floであり、浜崎あゆみではない。

 エイベックスとしては『M』で安斉の知名度を上昇させ、何としてでも今後のアーティスト活動に繋げていきたいところだろう。果たしてこのドラマは後半戦も人気を維持し続け、安斉かれんの飛躍を叶えることはできるのだろうか。

関連記事(外部サイト)