上沼恵美子に嫌われた梶原雄太、松本人志を怒らせたオリラジ中田敦彦…テレビからYouTubeに軸足を移した芸人

キングコング梶原雄太が『快傑えみちゃんねる』降板 次男が上沼に梶原悪評を吹込みか

記事まとめ

  • キングコング梶原雄太が、『快傑えみちゃんねる』と『上沼恵美子のこころ晴天』を降板
  • 上沼のパワハラが報じられ、上沼次男が上沼に梶原の悪評を吹き込んだと推理する報道も
  • オリエンタルラジオ中田敦彦は、松本人志との関係悪化が取り沙汰された後にTVから消滅

上沼恵美子に嫌われた梶原雄太、松本人志を怒らせたオリラジ中田敦彦…テレビからYouTubeに軸足を移した芸人

上沼恵美子に嫌われた梶原雄太、松本人志を怒らせたオリラジ中田敦彦…テレビからYouTubeに軸足を移した芸人

吉本興業ホームページより

 キングコング梶原雄太(カジサック)が上沼恵美子の冠番組『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)と『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)を6月いっぱいで降板したが、その背景には「西の女帝」の異名をもつ大物芸人からの“パワハラ”があったと報じられている。

 梶原雄太の番組降板は突然だった。6月29日放送『上沼恵美子のこころ晴天』で、本人不在のなか上沼が突然、<梶原くんは東京から行ったり来たりがしんどいということで>と説明し、隔週レギュラーからの卒業を発表したのだ。梶原自身の口から卒業報告やリスナーへの挨拶もないまま今後の出演がなくなるのはどう見ても不自然。放送終了後、梶原はTwitterにこのような文章を投稿。「東京から大阪に行くのがしんどい」などという理由で番組卒業をするわけではないと反論した。

<多くのスタッフさんが携わって下さっているので、僕から全て語る事はできないのですが
 ABC-R「上沼恵美子のこころ晴天」を卒業させて頂くのは事実です。
 ただ記事にある、「忙しくなって東京から行くのがしんどくなったから卒業した」と僕が言った事実はございません>

 もともと上沼は梶原のことを溺愛しており、過労による精神的な不調で休養を余儀なくされた後、自分の冠番組に引き入れて復帰を促したのも上沼だった。

 しかし、その寵愛は一転して憎悪に変わったようだ。「女性セブン」2020年7月16日号(小学館)によれば、6月26日放送『快傑えみちゃんねる』のカットされた場面では、上沼が憤怒の表情で<イラついてんねん。キミに!>と言うシーンなどもあり、「イジり」の範疇を越えた「パワハラ」的なやり取りにスタジオの空気は凍り付いていたという。

 「女性セブン」は『快傑えみちゃんねる』の構成作家を務める上沼の次男が上沼に梶原の悪評を吹き込んだのではないかと推理しているが、実際のところは分からない。「女性セブン」記者の直撃を受けた上沼は「番組に貢献できていないため、吉本側から降板させたいとの申し出があった」と語っている。「東京大阪間の移動がしんどい」ためではなかったのだろうか? 上沼が率直に語っているとすれば、吉本側が上沼に忖度し、梶原を降板させた可能性がある。

松本人志と対立してレギュラーが消滅した中田敦彦

 YouTuberカジサックとして活躍する梶原雄太にとって、関西のテレビで干されても大ダメージはないかもしれない。むしろ今まで以上にのびのび活動できるようになるとも言える。ただ、理由もわからず上沼に憤慨されている状況は、梶原にとって辛いものではあるだろう。

 他方、明らかな“理由”があってテレビから消えた芸人もいる。オリエンタルラジオの中田敦彦だ。中田はダウンタウン松本人志との関係悪化が取り沙汰された後に、レギュラー番組をすべて卒業している。

 発端は2017年2月。脳科学者の茂木健一郎氏がTwitterに<トランプやバノンは無茶苦茶だが、SNLを始めとするレイトショーでコメディアンたちが徹底抗戦し、視聴者数もうなぎのぼりの様子に胸が熱くなる。一方、日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン>(原文ママ)と、権力者への揶揄を笑芸に取り入れることができない日本のお笑い芸人に対する批評を投稿したことだった。

 このツイートに反応したのが松本だ。3月放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では<(茂木さんには)笑いのセンスがまったくないから、この人に言われても刺さらない>と刺し、茂木氏本人を番組に呼んで責め立てた。その結果、茂木氏が<(お笑い界への)エールのつもりで言ったのですが、誤解を招いてしまい、すみません>と謝罪することとなった。

 一連の流れに異論を投げかけたのが中田だった。中田は議論のなかで茂木氏が日本のお笑い界を<空気を読み過ぎなんじゃないか。大御所が面白いと言うか面白くないと言うかで価値が決まる>と分析したことをその通りであると評価。実際、『ワイドナショー』での茂木と松本の絡みはまさに<大御所が面白いと言うか面白くないと言うかで価値が決まる>という構図そのものだった。中田は『ワイドナショー』及び松本への失望を次のようにブログに綴っていた。

<茂木さん負けるな!と思っていたところ、大御所の番組に出演して大御所に面白くないと言われ公開処刑をされてしまいました。大御所にセンスがないとか価値を決められてしょげ返っている様子こそが茂木さんの意見通りだったのに。茂木さんの指摘、当たってたのに。なんで「ほら、これですよ」と言えなかったのだろう。まあ、あの場では言えないか。怖いですもんね>
<タレント同士の力関係があまりにも強く画面に出てしまっているのは事実だと私も思います。なぜそうなのかというと、MCの権限が非常に強いフォーメーションの番組が圧倒的に多いからなんですね。それはMCの好き嫌いが非常に強く場の空気を支配している構造であり、多くの場合キャスティングをも支配する仕組みなので、ゲストやレギュラー陣はMCに気を使わざるを得ない>

 この発言は松本をさらに怒らせたようだ。その年の5月、中田は『らじらー! サンデー』(NHKラジオ第1)で、<(吉本興業の)幹部と社長に、今僕は『謝れ』と言われている>と告発。そのうえで、<僕の意志としては謝らない。僕も覚悟を持ってやってますので>と、自身の主張を曲げるつもりはないと謝罪要求を押しのけた。

 しかし、翌年の春および秋の番組改変期において、中田は長年レギュラーをつとめた『ビビット』(TBS系)と『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)からの卒業を相次いで発表することになる。以降、中田の姿はテレビから消えた。現在はYouTubeやインターネットテレビに活動の軸足を移している。

 その選択は成功した。もはや中田や梶原のようなタレントにとって「テレビ」は、大御所芸人への色目を使って我慢してまで固執しなければならないようなメディアではないかもしれない。投稿内容の是非はともかくとして、ふたりともすでにYouTuberとしての地位を確立している。「中田敦彦のYouTube大学」は259万人、カジサックの公式チャンネル「カジサック KAJISAC」もチャンネル登録数204万人を誇る。どちらもテレビ視聴者層とは異なるユーザーを新たにファンとして獲得しているのだ。

 エンターテインメントを届けるためのチャンネルが増え、タレントもスポンサーも視聴者も「テレビ」だけにこだわる必要はなくなった。テレビでは燻っていたが時間や表現に制約の少ないネットコンテンツで本領を発揮できるタレントもいるだろう。

関連記事(外部サイト)