木下優樹菜「複数男性とダブル不倫」より衝撃だった“女の不倫”、いまだ許されず

【木下優樹菜さん引退】“女の不倫”上原多香子、後藤真希、矢口真里、ベッキーらも

記事まとめ

  • 電撃引退した木下優樹菜さんが複数人と不倫していたという報道があり、騒然としている
  • 木下さんはFUJIWARA藤本敏史と離婚したが、男性らとは離婚前から関係が続いていたよう
  • SPEED上原多香子、元モー娘。後藤真希、矢口真里、ベッキーは不倫発覚後に活動できず

木下優樹菜「複数男性とダブル不倫」より衝撃だった“女の不倫”、いまだ許されず

木下優樹菜「複数男性とダブル不倫」より衝撃だった“女の不倫”、いまだ許されず

木下優樹菜公式サイトより

 電撃引退した木下優樹菜の“複数不倫”が大騒ぎだ。妻子持ちの“アスリート”や“男性グループのメンバーで音楽も役者もやる男性”、さらに“実業家”……木下優樹菜が複数人と不倫していたという衝撃報道の数々に、騒然としている。

 木下は昨年末にFUJIWARAの藤本敏史と離婚し現在は独身ではあるが、今回名前が挙がった男性たちとは離婚前から関係が続いていたようだ。結婚中の不倫に走った女性芸能人のその後は、なかなか悲惨だ。

 SPEEDの上原多香子は、2014年に夫でヒップホップグループ『ET-KING』のメンバー・TENNさんが自殺。突然夫を亡くした妻として同情されていた上原だったが、2017年にTENNさんの遺書に上原と俳優の阿部力の不倫についてつづられていたことが発覚して事態は一変。TENNさんのスマートフォンには、上原と阿部の「トントンに会いたいよ。旦那さん、大事だけどそれ飛び越えてる」「今すぐにでも、すべて捨ててトントンの元へ行きたいです」といった生々しいLINEのやりとりや、2人のキス写真が保存されていたと報じられた。

上原はその後、2018年に演出家のコウカズヤ氏と結婚し、同年12月に第1子が誕生しているが、芸能活動はほとんど引退状態である。

 元モーニング娘。の後藤真希も昨年、モンハンつながりの男性との不倫関係が明るみに。不倫相手とアパホテルで「22日の昼と23日の朝の合計2回体の関係を持ちました」と赤裸々に明かし、それまでママタレとして順調に活動していた彼女のイメージは崩壊した。夫とは離婚せずに再構築。現在の活動は主にYouTubeチャンネルでゲームやメイクといった趣味を活かした動画を投稿することにシフトチェンジしている。

 後藤と同じく元モーニング娘。では、2013年に大バッシングを受けた矢口真里の“クローゼット不倫”も、まだ傷が癒えない。矢口は不倫をきっかけに俳優の中村昌也と離婚し、2018年に不倫相手だった元モデル男性と再婚、昨年には第一子となる男児を出産している。かつては“ワイプ芸の女王”としてバラエティ番組に引っ張りだこだったが、不倫騒動後はテレビ出演が激減。とはいえ最近ではネットテレビやイベント出演を定期的にこなしており、子育て中の彼女にとっては程よい仕事量が確保できているのかもしれない。むしろ元夫の仕事の方が少なそうで気の毒だ。

 こうして見てみると、不倫した男性芸能人が何事もなかったように活動し、不倫をネタにすることさえ許されるケースもある一方、女性芸能人の場合は不倫発覚以前のような活動をできるケースはほとんどない。独身だったベッキーも、だ。もうバラエティ番組のMCに呼ばれることなど、二度とないかもしれない。

 唯一、女優として復活したのは2017年にかかりつけの医師との不倫が報じられた斉藤由貴。会見では不倫を否定したものの、後日報道陣宛てのFAXで不倫を認め「子ども達が目にすることを考えると、あの公の場で何もかもお伝えすることは、私にはどうしても出来ませんでした」と明かしている。

 「子どもがかわいそう」という声は外野からも大きく上がるが、当事者だってそれを痛感しているだろう。木下の元夫の藤本敏史は、木下の引退に際して「彼女は、本日を以て、芸能人ではなく一般の方になります。子供や家族、近隣の方々の日常生活の為にも、報道にご配慮いただけますようお願いいたします」とコメントしていた。元妻はともかくとして、子どもへのダメージを最小限に抑えたいというのが藤本の本音ではないだろうか。

関連記事(外部サイト)