三浦春馬さんの遺書公開 ゴミ袋の内容物も…プライバシー無視の暴走か

【三浦春馬さん死去】文春では遺書公開やゴミ袋の内容物報道も プライバシー無視か

記事まとめ

  • 三浦春馬さんの“遺書”ともとれる日記の内容を、女性セブンと週刊文春が報じた
  • 春馬さんの家族関係の問題を暴き、母親らの責任を問うような記事も少なくない
  • 捜査関係者が、春馬さんが亡くなる前夜に捨てたゴミ袋の内容物についても明かしている

三浦春馬さんの遺書公開 ゴミ袋の内容物も…プライバシー無視の暴走か

三浦春馬さんの遺書公開 ゴミ袋の内容物も…プライバシー無視の暴走か

三浦春馬Instagramより

 7月18日に急逝した三浦春馬さん。家族や友人知人、仕事関係者、そして三浦さんの仕事ぶりを見てきたファンたちのショックもいまだ癒されない中、30日発売の「女性セブン」(小学館)と「週刊文春」(文藝春秋)が、三浦春馬さんの部屋に残されていた“遺書”ともとれる日記の内容を報じた。

 「女性セブン」によると、三浦さんは今年8月15日放送予定の特別ドラマ『太陽の子』(NHK)で演じた役に対して感じることを日記に綴っていたといい、中には、役が抱える苦悩が自分に重なるという内容もあったという。

 「週刊文春」は、より具体的に三浦さんの日記の内容を掲載している。三浦さんはイギリスに短期留学をした2018年前後から自らの死について考えるようになったといい、日記には仲の良い人々と会う際、「“死にたい”と思っていることを悟られないためにウソの笑顔をつくることが苦痛だった」という趣旨の文章もあったそうだ。

 三浦さんが亡くなった直後から、早すぎる死の理由を追及する報道は延々続いている。家族関係の問題を暴き、母親らの責任を問うような記事も少なくない。そのうえ、心の内を綴った日記の内容まで報じられては、三浦さんがあまりに気の毒ではないだろうか。

 また、こうした報道は三浦さんと親交のあった人々をひどく傷付けることにもなるだろう。

三浦春馬さんが亡くなる前夜に捨てたゴミまで

 2018年に三浦さんと交際報道があった女優でモデルの三吉彩花さんもそのひとりであり、三浦さんの訃報から数日後、Instagramのストーリーで真っ黒の画面に白い文字で<毎日しっかりと過ごしています。ただ、もう少し時間をください><何も整理できていなくて。ごめんなさい>と、三浦さんのことを示唆するコメントを投稿した。

 撮影中だったドラマのスタッフやキャストも憔悴しきっているといい、役者仲間たちは「心の整理がつかない」、そして三浦さんの優しい笑顔を「忘れられない」と、茫然自失の心境をSNSに続々と投稿している。

 このような精神状態の中で三浦さんの日記の内容を知らされれば、「なぜ三浦さんの苦悩に気が付けなかったのか」「何かできることはなかったのか」と自分を責めるなど、さらに深い悲しみに囚われかねない。

 また「文春」では捜査関係者が、三浦春馬さんが亡くなる前夜に捨てたゴミ袋の内容物についても明かしており、故人のプライバシーが踏みにじられている。

関連記事(外部サイト)