さんまプロデュース劇場アニメ『漁港の肉子ちゃん』に下野紘の出演決定! 気になる役は?

明石家さんまが、企画・プロデュースする劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』が今年6月11日(金)に公開されます。『さんまのまんま』での公開オーディションから注目されていた声優の下野紘が、ボイスキャストとして本作に参加するというニュースが飛び込んできました!

■感動のハートフルコメディ

出典: 2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

明石家さんまが、直木賞作家・西加奈子の小説を元に企画・プロデュースする劇場アニメ『漁港の肉子ちゃん』は、漁港の船に住む訳あり母娘・肉子ちゃんとキクコの秘密がつなぐ最高の奇跡を描いた感動のハートフルコメディ作品です。
原作は、第152回直木賞を受賞した西加奈子の累計発行部数35万部超のベストセラー小説「漁港の肉子ちゃん」。
『ドラえもんのび太の恐竜2006』(2006)、『海獣の子供』(2019)の渡辺歩が監督を務め、アニメーション制作を圧倒的クオリティと世界観で世界中に多くのファンを持つSTUDIO4℃が手がけています。
肉子ちゃん役を大竹しのぶ、娘・キクコ役をCocomiが務め、人気声優・花江夏樹が出演することでも話題になっています。

■人気声優・下野紘の出演決定!

出典: 2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

そんな中、この度アニメ『鬼滅の刃』の我妻善逸役、『進撃の巨人』コニー役を務め、今年の声優アワードのMVSにも選ばれた人気声優・下野紘の本作への参加が発表されました。

今年正月に放映された『新春大売り出し!さんまのまんま』に、人気声優の下野紘がアニメ『鬼滅の刃』で共演する花江と共に出演。そこで花江が『漁港の肉子ちゃん』に出演することを知った下野紘が出演を希望、まさかの番組内で公開オーディションの様相となる展開になりました。

明石家さんまから「トカゲの声できる?」といわれた下野が「できます!」と即答し、さんまのリクエストにテンポよく、難なく対応する下野に、さんまが「いいねぇ〜〜!」と大盛りあがり!
「お仕事の依頼はきちんとしたルートで」と番組でさんまが告げたまま結果はお預けとなっていましたが、この度、下野紘へ正式にオファーを経て『漁港の肉子ちゃん』のボイスキャストとして参加が決定しました。

下野紘は番組内のオーディションで演じたトカゲ役に加え、肉子とキクコの心の声を代弁するようなセリフを発するヤモリ役を務めることが発表されました。下野はアニメ『迷宮ブラックカンパニー』のワニベ役で人間味のある人型のトカゲを演じたことはあるが、トカゲの形をしたトカゲを演じるのは今作が初めて。本人も「今年は“トカゲ”に縁があるのかな」と笑います。

今回の解禁を受け、いち早く、本番アフレコを終えた下野と明石家さんまとの軽妙なやりとりが収められたメイキング映像が解禁されました!
また下野紘からコメントも到着しています。

■下野紘から皆さんへ

出典: アイムエンタープライズ

まさか『さんまのまんま』が、オーディションの場になるとは思っていませんでした(笑)。
お役をいただけて嬉しかったですし、子供の頃から見ていたさんまさんのプロデュース作品に出演することができて本当に光栄です。
別件で事務所に立ち寄った時にマネージャーから「お話がありまして……」と極秘事項を伝えるような空気感で、小部屋に連れていかれて「『漁港の肉子ちゃん』出演決定しました! おめでとうございます!」って。マネージャーも浮足立っていましたね(笑)。
今年は「トカゲ」に縁があるのでしょうか……別の作品で人間味のある人型のトカゲを演じる機会があったのですが、今回のようにトカゲの形をしたトカゲに声を当てたのは人生で初めてだと思います。
ヤモリは肉子ちゃんやキクコちゃんの心情を代弁する意味深い役なので、台詞に色をつけないように、生き物だけれど無機質な感じも意識しながら演じさせていただきました。
ヤモリの時は、監督に、イケボ(イケメン系ボイス)でお願いしますとリクエストされまして(笑)。
イケボ・ヤモリにもご期待ください。

■気になるストーリーは…

食いしん坊で能天気な肉子ちゃんは、情に厚くて惚れっぽいから、すぐ男にだまされます。一方、クールでしっかり者、11歳のキクコは、そんな母・肉子ちゃんが最近ちょっと恥ずかしい。そんな共通点なし、漁港の船に住む母娘の秘密が明らかになるとき、二人に、最高の奇跡が訪れます……!

“生きてるだけで丸儲け”の明石家さんまが、日本中に元気を届けます!
感動のハートフルコメディ『漁港の肉子ちゃん』は、6月11日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!!

お楽しみに!

■下野紘 プロフィール

4月21日生まれ、東京都出身。2001年、ゲーム『リリーのアトリエ〜ザールブルグの錬金術士3〜』のテオ・モーンマイヤー役で声優デビュー。翌2002年に『ラーゼフォン』の主人公・神名綾人役でテレビアニメデビューを果たし、『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズの来栖翔、『進撃の巨人』コニー・スプリンガー、『鬼滅の刃』我妻善逸など数々の人気キャラクターを演じている。2021年、第15回声優アワードMVS賞を受賞。

関連記事(外部サイト)

×