スリムクラブ真栄田、“海外ドラマ”のオーディションに参加していた!? 「昔…」

4月6日(火)、スリムクラブ・真栄田がTwitterを更新。過去にあるオーディションを受けていたことを明かし、ファンから様々な反響が寄せられています。

■真栄田が受けたオーディションとは

出典: @slimmaeken

今回、真栄田はゾンビのメイクを施した自身の写真を投稿。「ウォ、ウォーキングデッド終わるのかい涙」と10年以上視聴していた番組が終わることを悲しみつつ、「昔、ウォーキングデッドオーディション受けたな〜涙」と明かしました。

このオーディションというのは、Amazonプライム・ビデオで配信されている『今田×東野のカリギュラ』で行なわれた『ROAD TO WALKING DEAD 第1回芸人ゾンビオーディション』のこと。投稿された写真をよく見ると、真栄田のほかに平成ノブシコブシ(吉村、徳井)、千鳥・大悟、とろサーモン・久保田がゾンビの扮装で写っています。写真について、真栄田は「誰が誰か分からん笑」とコメントしました。

この投稿に、ファンからは「カリギュラ懐かしい」という反応や、芸人たちのゾンビメイクに「こぉっわっ!」「後ろの真ん中の方 もしやwww」といったコメントが寄せられました。

■あるあるにファンから励ましの声

今回、番組内でゾンビオーディションを受けたことを明かした真栄田。過去にはTwitterで、フリマアプリで起こった“悲劇”を報告し、話題となりました。

なんでも、「メルカリで値段交渉して下がった瞬間に他の人に買われた」という真栄田。肝心の商品を手に入れられず、「悔しさより笑ってしまった8月の資本主義経済」と、複雑な心境を明かしました。

虚しい結末に、ファンからは「あるあるですね かなりショックですよね」「なんとゆうタイミングの悪さ 笑って忘れましょ」と励ましの声が。また「OK貰うと同時に専用にしてもらわないと〜www」という具体的なアドバイスも見られました。

今回、ゾンビに扮した姿を公開した真栄田に、ファンから様々な反響が寄せられた投稿でした。

関連記事(外部サイト)

×