ブラマヨ小杉の脱毛が進んだのはこの番組のせい!? 『千原ジュニアの座王』初の全国ネット放送!

千原ジュニアがMCを務めるお笑い番組“即興力No.1決定戦!”『座王』の初の全国ネットスペシャル『笑いの総合格闘技!千原ジュニアの座王』が、5月4日(火)23:00〜、カンテレ・フジテレビ系で放送されるというニュースが届きました。

■4大賞レースの王者たちも集結!

出典: 関西テレビ

『座王〜ざおう〜』は、漫才やコント、ピン芸、歌ネタなど作り込んだネタではなく、即興ネタを競い合う、いわば“笑いの総合格闘技”。2017年10月、関西ローカルでスタートし今回初の全国ネットに進出します。

ルールは、芸人たちが「大喜利」、「ギャグ」、「モノマネ」などのお題が書かれたイスを使ってイス取りゲームを行ない、座れなかった芸人は、「このお題であいつだったら勝てる!」と思う芸人を指名。指名された芸人のイスに書かれたお題に沿って芸を披露し、2人のうちどちらが面白いかを、審査委員長が判定。最後まで勝ち残った者が「座王」に輝きます。

プレイヤーは、放送開始からこれまでで前人未到の通算200勝を達成し、番組では“座王の鬼”と呼ばれている笑い飯・西田や最年長のベテラン芸人・キャイ〜ン・ウド鈴木をはじめ、今回のSPでは、4大賞レースの王者が集結します!

■全国ネットで『座王』に輝くのは!?

出典: 関西テレビ

『M-1』『R-1』の2冠王者・霜降り明星・粗品。『R-1』『THE W』の2冠女王・ゆりやんレトリィバァ。他にも、ハリウッドザコシショウ、阿佐ヶ谷姉妹といった、トリッキーな芸を持つ王者たちが続々と参戦します!

さらに『キングオブコント』王者でメンバーそれぞれが目覚ましい活躍を見せるキャラ憑依系コント芸人のロバート・秋山と山本、『R-1』で5年連続決勝進出の実績を誇り、ものまねや歌など変幻自在のピン芸の女王・友近が満を持して初出場! 芸達者な2組が鬼・西田を脅かす存在に!?

そして、昨年の『M-1』で3位となりブレーク中の見取り図や、ベジータ芸人・R藤本、フルーツポンチ・村上、戦国武将キャラ・ミサイルマン・岩部など“座王常連組”の活躍にも注目です!

大会の審査委員長はブラックマヨネーズ・小杉が務めます。はたして初の全国ネットで『座王』に輝くのは誰なのでしょうか?

■バラエターのはずやのに…

出典: 関西テレビ

収録を終えた千原に感想を求めると「初の全国ネットスペシャルということもあってなのか、メンツの層の厚さから来るものなのか、かなりの緊張感でしたね」とひと言。
審査委員長の小杉は「完全にその緊張感が僕に伝染しました」とこれまでレギュラー回やチャンピオン大会でも審査委員長を務めたものの、そのいずれとも違う雰囲気だったことを明らかにしました。

また千原は「これだけバラエティーマスターが揃っているのに、最初ちょっと空気が重いのは、芸人が本気やっていうのが出ているんですよ。前半他の芸人の解答に誰も笑わへん。それがかえっておかしかった。バラエターのはずやのにただのファイターやった(笑)」と“笑いの総合格闘技”たるゆえんを述べました。

そして千原が「本当にスキというか、気が抜けないメンツでしたね。初出場ですけど秋山とか友近なんかもさすがって感じでした」と印象に残ったプレイヤーを挙げると、小杉は「大喜利とかをするタイプじゃないと思っていたロバ―トの山本が出ているんですけど、その戦いぶりが気になっていました。やっぱり同じマンションなんで」と同じく初出場のロバートを挙げたものの、その理由は意外なものでした。

■なみなみならぬプレッシャーが…

さらに審査について話が及ぶと小杉は「僕の脱毛が急激にすすんだらこの番組のせいです。ジュニアさんの横にいるという緊張感も当然あります」となみなみならぬプレッシャーがかかることを訴え、以前の放送の判定で千原から“俺が審査委員長ならドローやったな”と物言いが入ったことに触れ「前からこの素敵な戦いの邪魔にならへんよう、足を引っ張らへんようにと思って挑んでいるのに、誤審してしまったときがあるんで、今回はないようにと思ってやりました」と今回にかけた思いを口にしました。

その上で「もし学生やったら(ジュニアさんと)同級生やったって思うと、おそろしいです。大先輩ですけど……」とその存在の大きさをしみじみと語りました。ちなみに千原に今回の小杉の審査について聞くと「今日は本当によかったです」と太鼓判を押しました。

■バラエティー純度100%のお笑い番組

出典: 関西テレビ

一方、自身が考案者でもある「座王」について、千原に改めて番組への思いを聞くと「本当に(テレビを)パッとつけて何をやってるか分かるバラエティー純度100%のお笑い番組。数少ない中のどこに出しても恥ずかしくない1本だと思うので、これを機にたくさんの方が見られる環境になればいいなと思います」と話し、初めて見る人に注目してほしいところは「いろんなカテゴリーがある中で、本当に残酷な“オレこいつよりおもしろいと思ってます”ということをまず宣言してから戦うところです。そのシステムも含めて非常に面白い番組やと思います」とアピールしました。

■テレビの前から視聴者をはなさない番組!?

最後に視聴者へのメッセージをお願いすると、小杉は「アベンジャーズ。ほんまそういう世界観なので、いろんな人の戦いを見てワクワクしてほしいですね」と、千原は「変なルールなんです。音楽が止まったら座らなあかん。でもそこにほんと死んでも座りたくないイス(お題)が目の前にあったとき、人って座ってしまうんです。そうなった場合そのことに気づかれないようにするっていう。そのへんもおもしろいし。すごく短いスパンで笑いがどんどん提供されるという、ほんとにテレビの前から視聴者をはなさない、結果座王が皆さまを座王にする、って小杉がこないだ言うてました!(笑)」と突然小杉に話を振ると、「言ってるわけがない! たぶん字で見ても違和感がありますよ」と小杉は即座に否定していました。

プレイヤーだけでなくMCと審査委員長の絶妙のコンビネーションにもぜひご注目ください!

その他、カンテレ・フジテレビ系では、ゴールデンウイークの5月3日(月)〜9日(日)を「クセバラWEEK」と題して、『笑いの総合格闘技!千原ジュニアの座王』をはじめ、ひとクセもふたクセもあるバラエティー番組を一挙に放送します。
詳しくは「クセバラWEEK」ホームページをご覧ください。

関連記事(外部サイト)

×