【限定公開!】東野が語る坂田利夫「かわいい師匠だが街中であのワードは厳禁」【この素晴らしき世界】

先日発売が発表された、東野幸治の最新書籍『この素晴らしき世界』。
東野幸治の最新エッセイ集である本書は2月27日(月)、新潮社より刊行されることになりました!

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

「週刊新潮」連載時から話題の、いくら毒舌を吐き続けても絶対に嫌われない男だから書くことの出来た「吉本バイブル」、ここに誕生!
極楽とんぼ・加藤による単行本化記念の描き下ろしと、キングコング・西野による“東野幸治論”も特別掲載されているとあり、注目を集めています。

関連記事:ゴシップ通・東野が容赦なくイジり倒す「吉本バイブル」発刊、芸人達の隠れた伝説に迫る
【限定公開!】東野幸治が贈る吉本バイブル本『この素晴らしき世界』より「どこかふざけてる女、ガンバレルーヤよしこ」

ラフマガでは、本書の発売を記念して、収録された一節を大公開!
いずれも公開期間は下記の期間のみ。

1/23(木)〜2/24(月) ガンバレルーヤ・よしこ
1/30(木)〜2/28(金) キングコング・西野亮廣
2/6(木)〜3/6(金)  品川庄司・品川祐
2/13(木)〜3/13(金) メッセンジャー・黒田佑
2/20(木)〜3/20(金) 坂田利夫

第5弾、最終回・坂田利夫の節が本日から限定公開スタート!
ぜひ、東野ワールドをご堪能下さい。

■愛すべきアホ、坂田師匠

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

アホの坂田といえば、言わずと知れた、75歳を超えるお笑い芸人(本当の芸名は坂田利夫です)。アホにプライドを持っており、「芸人はお客さんに笑ってもらってナンボ」という言葉通り、生涯一アホを貫いていこうという心意気がカッコ良い。その反面、女性にはシャイで目を見て喋ることが出来ず、頑張って喋ったらなぜか東京弁になるというカッコ悪い師匠です。
そして、「口が臭い」と誰かに言われてから特に気にして口臭予防をマメにし、喋る時は手で口元を覆いながら喋るとても優しい師匠です。
仕事でアホなことをするけどプライベートでも数々のアホエピソードがあり、吉本芸人みんなから愛されています。もちろん私も大好きです。
関西ではよく知られたエピソードのひとつですが、坂田師匠は下着を洗わないんです。「わびしい」という理由から何十年にもわたり、新品のブリーフを穿いては捨てる……を繰り返しています。
若手芸人が坂田師匠の家でロケをしてた時、ベッドの下からエロ本ではなく、春画が発見されたこともありました。あの歳だからあのタッチの絵が良いらしいです。
焼肉屋さんで「もう歳やからあんまり肉食べられへんねん」と言って焼き魚定食を注文する師匠。お店も文句を言わず作ってくれる。歩くのが嫌いで100メートル先でもタクシーを使う。髪の毛がほぼなく、なで肩で、普段歩かないから脚は細く、ふくらはぎには筋肉がない。仕事で宇宙人の役をする時、シルバーの全身タイツを着たら精子の親分にしか見えない……。
昔々、師匠がまだ若い頃、売春婦を抱くのが恥ずかしくて、冬の夜の寒い公園で二人でブランコに乗ってたら、「早よ、ホテル入ろ」とキレられるシャイな師匠。……挙げていったらキリがないほど、エピソードに溢れています。
そんな師匠は1972年に「アホの坂田」という曲を大ヒットさせました。誰もが一度は「アホ♪アホ♪アホの坂田〜♪」というサビの部分を聞いたことがあると思います。なんとその年、春の選抜甲子園の入場行進曲の候補にまでなったというから驚きです。それに当時は、坂田という名字の子供達が学校でからかわれたりいじめられたりして、大きな社会問題になり国会でも議論されたそうです。
今改めて「アホの坂田」の歌詞を読むとメチャクチャです。
「蚊取り線香粉にして、蕎麦にふりかけ食ってみろ」だとか「アホの坂田、茹でて冷して皮むいて、通天閣から突き落とせ」、もう公開殺人です。
そんな師匠が2015年、自宅でつまずき転倒しました。その時、右大腿骨を骨折して手術のために入院しました。私も心配だったからお見舞いに行きました。
「師匠、大丈夫ですか?」
病室に入るとパジャマを着た師匠がベッドで横になっていて、
「おぅ! 来てくれたんか? ありがとうさん!」「みんな見舞いに来てくれてな。うれしいで」
元気いっぱいの師匠でホッとしました。
「大変なことないですか? 困ったことがあったら言ってくださいね」
すると師匠は恥ずかしそうに語りだしました。
「骨折ったやろ。一人でトイレ行かれへんねん。だから看護師さんにパンツずらされてな」と言いながら師匠は自分のパジャマと中のパンツを脱ぎ、チンコをポロッと出してさらに続けます。
「チンコ触られてな。尿瓶にチンコ入れられてなぁ。そこにオシッコせなあかんねん。でも、でーへんやろ。チンコ触られてオシッコは。だから看護師さんが『シーシーシー』言うてなぁ。俺、子供やないねんで。恥ずかしいわ。チンコは小ちゃいし。チン毛には白髪交じってるし」と、チンコを触ったり、白髪交じりのチン毛を手でワサワサしながら喋る師匠。それから金玉を触りだして「金玉は自信あんねん。見てみ、東野。デカイやろ金玉」と言いながら中指と薬指の腹で下から金玉を持ち上げて私によく見せようとしてくれました。師匠はチンコと金玉の話もそこそこに、その後は仕事の話や独り暮らしの話を真面目にしてきました。でもその間ずっとチンコは出したままでした。途中、看護師さんが体温を計りに来た時にやっと「チンコ出したままや!」って気がついて可愛く笑いながら腰を浮かせて、パジャマを上げてくれました。
そんな可愛い師匠には、とても後輩思いの優しい一面もあります。中川家の剛がもう20年も前、パニック障害を患っていました。舞台で喋るのが辛くて悩んでた時、坂田師匠が「剛! 喋られへんかったら喋られへんかったで舞台でアホな顔して笑わろとったらええねん」というアドバイスをしたそうです。そのアドバイスが心に響いて剛は少しずつパニック障害を治していきました。とてもいい話なので坂田師匠に聞くと、
「それみんなによう言われんねん。『剛にめちゃくちゃいいアドバイスしたそうですね』って、わしそんなん言うたかなぁ? 全然覚えてへんねん」
師匠は照れて言うてるのか? 本当に忘れたのか? 照れて言ってると信じたいです。
でも皆さんが街で師匠を目撃しても決して「アホ〜!」と呼びかけないでください。たとえ好意的な「アホ〜!」だとしても、テレビでは見せたことがないとても怖い顔で「誰がアホじゃ! もういっぺん言うてみい!」と怒鳴られます。アホにプライドを持っており、「芸人はお客さんに笑ってもらってナンボ」と普段から言っているのに?
一度、坂田師匠に「道で『アホ〜』て言われたら何でキレるんですか?」って聞いたことがあるんです。
「芸でアホしてたらファンの方は好意的に『アホ』って言うじゃないですか?」
「テレビでアホ言われるんはええねん。プライベートでアホ言われるんは、めちゃくちゃ腹立つねん!」
と強く言われました。
「でもケンカなるでしょ。『誰がアホじゃ!』って言ったら相手もカチンときて。そんな時どうするんですか?」「だから鞄にいつもメリケンサックを入れてるねん。こんな時代やから頭おかしい奴いっぱいおるから。自分の身は自分で守らなあかんと思って」
坂田師匠はいざという時メリケンサックを使うつもりです。メリケンサック……ネットで調べてみると、「指にはめて拳の破壊力を上げる鉄製の武器」と書かれていました。師匠が言う、「こんな時代の頭のおかしい奴」を、私は1人見つけてしまいました。
75歳を超える芸人は、まだメリケンサックを鞄に忍ばせているのか? 今度会ったら聞いてみよう。

関連記事(外部サイト)