千鳥、M-1ファイナリストに衝撃的な一言!? インディアンスきむ「芸人人生の終わり」

2月19日(水)、インディアンス・きむがTwitterを更新。「見とけよぉぉぉヒック。」とコメントを添えて、飲んだくれている様子の自身の写真を投稿し、ファンの注目を集めています。一体きむに何があったのでしょうか……!?

■きむを絶望させた千鳥の一言とは?

出典: @indianskimura

今回の投稿では、「じぇったいロケおもしろくなってやるからなぁ、見とけよぉぉぉヒック。」と呟いたきむ。ファンからは「リベンジ待ってます!」「お酒のんでリフレッシュもいいですね!きむさんがんばってください」とエールが殺到しています。

実はこちら、千鳥(ノブ、大悟)が司会を務めるバラエティ番組『相席食堂』(朝日放送テレビ)の放送を受けてのツイート。

2月11日(火)、18日(火)の放送では、『M-1グランプリ2019』(ABCテレビ・テレビ朝日系列)で決勝初出場を果たしたコンビが“ロケ技術”を競い合う『相席食堂・街ブラ-1グランプリ(以下、街ブラ-1)』という企画が開催され、熱戦を繰り広げました。

審査するのは、千鳥の2人。『街ブラ-1』に出場したのはインディアンスのほか、オズワルド、すゑひろがりず、からし蓮根、ニューヨーク、ぺこぱの6組です。

前半戦である11日(火)の放送でトップバッターを務めた2人は、ロケの冒頭、漫才さながらの掛け合いを見せますが……それにノブから「ただの『M-1』やん」とのツッコミが入ります。その後も奮闘するものの、全6組のロケを見終えた2人からは、なんと「インディアンス以外使おうよ」との衝撃的な言葉が! これには、きむも自身のTwitterで「もう芸人人生の終わりだ」と絶望する様子を見せていました。

■M-1 2019直前の貴重なインタビューも!

昨年末に開催された『M-1グランプリ2019』では決勝に初進出し、一躍注目を集めたインディアンス。

以前ラフマガでインタビューを行なった際には、漫才への熱意を披露しました。なんと同年の1月から『M-1グランプリ2019』に向けての話をしていたとのことで、さらには9年近く、休みの日にもコンビで会ってネタ合わせをしていたのだとか。

今回は、千鳥の評価に肩を落としたきむですが……リベンジに燃えるツイート通り、見事な“ロケ技術”を見せてくれることに期待ですね!

関連記事(外部サイト)