K-POPアイドル芸人の“母親孝行”が素敵すぎる「なんてできた息子さん」

7月2日(木)、K-POPギャグアイドルグループ・KOKOONのメンバーとしても活躍するブルーレディ・田中凌がInstagramを更新。同アカウントでの料理投稿が100投稿目を迎えたことを報告し、母親への手作り弁当を公開しました。

■“母親への手作り弁当”に感動の声続々

出典: @setuna_ryo1229

料理が得意だという田中は、日頃から自炊した料理をInstagramに投稿。そして今回100投稿目を迎えたそうで、「記念すべき100回目の投稿、何にするか迷ったんですが今まで載せたことなかった「お弁当」にします笑」と、手作り弁当を披露しました。

「今回は味にステータスを全振りしたお弁当です」と、写真映えを意識せずに作ったとのこと。さらに「勿論自分用ではなくいつも家族のために仕事を頑張ってくれている母親に作りました」と、日頃の感謝を込めて母親に向けたものだと明かしました。

記念すべき100投稿目が母親への弁当ということで、ファンからは「親孝行で素敵です」「なんて愛のこもったお弁当。。。感動して少しウルっときました」と感動した様子のコメントが。また、「美味しそう」「栄養バランスも考えたお弁当だね」と、出来栄えを称賛するコメントも多数寄せられていました。

■“ギャグアイドル”KOKOONとは?

そんな田中は、芸人の傍らアイドルとしても活動しています。所属するKOKOONは、田中のほか、韓国人であるチョン・ジェミン、イ・チャンハン、カン・ジュウォン、キム・テギルからなる“ギャグアイドルグループ”。韓国を中心に活躍する一方で、日本では『ネタパレ』(フジテレビ系)といったバラエティ番組への出演を通じ、一躍注目を集めました。

昨年行なったラフマガのインタビューでは、田中はKOKOONのメンバーになったきっかけについて告白。「当時、僕が前説で、“誰だか分からないけど、韓流アイドルにいそうな人です”ってツカミをしていたのもあって、社員さんからの推薦でオーディションを受けました」と意外な縁があったことを明かしていました。

今回、Instagramでの料理投稿が100投稿を迎えた田中。母親への感謝を込めた手作り弁当には、ファンから「なんてできた息子さんなんだ」などとコメントが相次いでいました。

なお、ラフマガではKOKOONへのインタビューを掲載。ファンへのメッセージのほか、近況や『ネタパレ』出演時の反響についても話にもご注目くださいね!

関連記事(外部サイト)