フルポン村上が俳句を愛する人たちと出会った記録が一冊に

フルポン村上と俳句。なにやら異色の組み合わせだと感じる人もいると思いますが、フルーツポンチ・村上健志は、2018年から朝日新聞運営のブック情報サイト「好書好日」で「フルポン村上も俳句修行〜わかったつもりでごめんなさい〜」を連載中。今や俳句の世界へどっぷりなのだ。

その人気連載が『フルーツポンチ村上健志の俳句修行』として春陽堂書店より書籍化。4月1日(木)に発売されることが決まった。また、発売にともない3月28日(日)に刊行記念オンラインイベント「好書好日俳句フェス」が開催される。

■河童やボーイズラブの俳句にも挑戦!

この連載には、村上が120年以上の歴史を誇る俳句結社「ホトトギス」や、東京大学のインカレサークル「東大俳句会」など、数々の句会にゲスト参加してお題に挑戦する様子や、俳人たちとの対談を掲載している。

それぞれの俳句を批評し合う句会では、村上の句に厳しいツッコミが入る場面も……。ただ、それを素直に受け止めて聞き入れる姿は、普段のテレビで見ることができない実直な俳人としての一面ものぞかせます。

?四季折々の言葉だけでなはなく、なかには“河童”や“ボーイズラブ”など変わったお題にも挑戦しており、村上がどんな句を考えるのかも見どころのひとつ。時には句会の参加者たちを唸らせるような句を詠むことも。また、この本のための書き下ろし俳句も収録されている。

本の中には、稲畑廣太郎さん、坊城俊樹さん、岸本尚毅さん、佐藤文香さんほか、多くの俳人が登場。また、歌人の俵万智さんやピースの又吉直樹さんとの特別対談も収録されており、俳句好きの人はもちろん、俳句を始めたいと思っている人のきっかけとしてもオススメの一冊。

村上健志(むらかみけんじ)
1980年12月8日、茨城県出身。亘健太郎と2004年にお笑いコンビ「フルーツポンチ」を結成。「爆笑レッドカーペット(フジ)」や「アメトーーク!(テレ朝)」など数々のバラエティ番組で活躍。村上は「プレバト!!(MBS)」にて俳句にて俳句の才能を発揮し、「名人・特待生だけの俳句タイトル戦」にて2連覇を達成。また、短歌にも造詣が深く「短歌de胸キュン(NHK)」にも出演中。

▲フルーツポンチ村上健志の俳句修行

タイトル:フルーツポンチ村上健志の俳句修行
著:村上健志(フルーツポンチ)
定価:1,980円(税込)
発売日:2021年4月1日(木)?
ページ:344P?
版型:四六判
発行:春陽堂書店

関連記事(外部サイト)